iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MacでMOVファイルから音声部分を抽出する方法

Macユーザーの方は自分で撮影した動画をiPhoneなどの端末で見るだけなく、Mac上からもQuickTime Playerで楽しめるようにMOVファイルで動画を保存しているかと思います。そんな中、お子さんの発表会といった行事や旅行などを動画の形で残す方も多いと思いますが、そうした動画の大切な一幕から音声を抽出してみるのも楽しみ方の1つです。

というわけで、今回はそんな時のためにMac上でMOVの動画から音声を抽出する方法をご紹介していきます。

Part 1:MacでMOVから音声抽出する方法ー「Filmora 動画編集 Mac版」を使う

音声を抽出できるソフトは多くありますが、ここで私がおすすめしたいソフトがWondershare「Filmora 動画編集 ( Mac版)」になります。このソフトは見てわかる通り、動画編集ソフトで初心者の方でもあっという間にクレジットやトランジション、PIPなどの演出をプラスして動画を一段とオシャレな物に仕上げられます。また、スマートフォン・ゲーム機の端末、DVDとしても編集した動画を保存できるなど出力の機能も充実しています。

その一方で、編集の中でも動画と音声を切り離し、音声だけを保存できる抽出ソフトの側面も持っています。

Mac版ダウンロード win版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :

ここからは肝心の抽出作業の流れを説明していくので、実際に「Filmora 動画編集(Mac版)」のインストールを行なっておきましょう。

ステップ 1 MOVの動画をインポートする

ソフトのメイン画面で「新しいムービー」を選択したら、画面上部にある「+」のボタンから音声を抽出するMOVの動画をソフトに取り込んでいきます。

MOVの動画をインポート

ステップ 2 音声の抽出を開始する

続いては、編集を加えるために動画を画面下のタイムラインへと移動させ、音声の抽出を開始していきます。

音声の抽出を開始

ステップ 3 MP3形式で作成する

そして、作業についてはシンプルでMOVの動画がタイムラインにあるのを確認し、「作成」のボタンをクリックしていく形になります。次に、画面の左側にある保存形式の中から「MP3」を選ぶことにより、音声のみが抽出されてタイトルや保存先を決めた後でMacに保存できるようになります。

MP3形式で作成

Part 2: オンラインでMOVから音声を取り出す手順

さらに、Macでは自分で撮影した動画の他にも最近はYouTubeなどから動画をダウンロードし、楽しんでいる方もいるのではないでしょうか?そういったネットのMOVの動画などからも歌をはじめ、内容によっては音声のみを抽出したい場合が考えらます。実は、こうしたケースでもMacだけを使って動画から音声を取り出すことが可能なため、その方法も合わせて簡単に紹介したいと思います。

まずは、Mac上で保存されているMOVの動画を右クリックし、メニューを開いていくようにします。そして、その画面上の「サービス」の項目からさらに進むと「選択したビデオファイルをエンコード」という項目があります。こちらをクリックすることで、選択した動画の音声を取り出して新たに保存ができるようになります。

表示された画面では、設定が「オーディオのみ」となっているのを確認した上で画面下の「続ける」のボタンをクリックすると音声ファイルの保存が行なわれます。音声ファイルを作成する際に画面を見ると、iPadやiPhoneでも互換性があるようですし、何よりこのわずかな操作で音声の抽出が可能な点はお手軽だと思います。

オンラインで MOVから音声を取り出す

とはいっても、デジタルカメラなどで撮影した大切な動画をそのままにしておくのはもったいないですし、後で見て楽しむ意味でも編集が必要になってくるはずです。その時に動画の一部を削ったり、特殊効果やテキストでコメントを付け加えたりと動画に更なるアクセントをつければ、見た方も驚く作品になるかと思います。

抽出から動画の編集までを快適に行なえるのがこの「 Filmora 動画編集 ( Mac版)」です。動画の編集と合わせ、動画から音声も取り出したいと思った時にはこのソフトがピッタリのツールになると思います。

Mac版ダウンロード win版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 音楽・BGM編集 > MacでMOVファイルから音声部分を抽出する

サイトマップ

Top