iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Mac(OS X El Capitanも含む)で動画をクロップするソフト

動画を編集していて「画角に動画の表示サイズが合わない!」なんてことないでしょうか。例えば16:9の画面サイズで作成していて、プレビューウインドウで見た時に、左右に空白ができてしまっている時など。

別のケースでは、見せたいところが、画面の中でも狭い範囲で、周囲はいらないからもっと見せたいところをクローズアップさせたいなんていう時に、「動画のクロップ」は役に立つ機能です。 ではこの機能、どのようにして行うのでしょうか。

動画ファイルを書き込み

ここでは、Mac版のソフトで、アップルが開発・販売をしている、いわゆるアップル純正の有償ソフトである「Final Cut Pro」での操作を確認しつつ、アップル純正ではないですが、Final Cut Proのような機能を備えた有償ソフトの『Filmora 動画編集(Mac版)』での操作を確認し、両者を比較してみたいと思います。

Part 1:二つソフトそれぞれのクロップの手順をまずは挙げてみる

Final Cut Pro

1.トリミングマークをクリック

2.画面左上のプレビューウインド上部に表示される「クロップ」をクリック

3.画面の四隅にあるハンドルをドラックして必要な部分を調整

4.「完了」をクリック

Filmora 動画編集(Mac版)

1.トリミングマークをクリック

2.手動でトリミングマークを使って調整するか、アスペクト比(16:9または4:3)に自動で切り取り

3.「OK」をクリック

どちらもだいたい似たような手順ですが、動画編集プロでは、切り出したところを自動でアスペクト比にそろえてくれるのがありがたいですね。

動画ファイルを書き込み

Part 2:二つソフトで編集した動画データを出力する手順を挙げてみる

Final Cut Pro

1.プロジェクトの書き出しをする(「共有」から「メディアを書き出す」を選択)

2.名前を付けて保存

以上ですが、この場合は、元の動画データと同じファイル形式で保存する場合。例えば、複数の動画データをつなぎ合わせて作ったりした場合は以下の手順になります。

1.前述の1と同じ

2.「マスター(デフォルト)」を選択

3.書き出したいサイズ等を「設定」から指定

4.名前を付けて保存

final-cut-pro

では動画プロではどうでしょうか。

Filmora 動画編集(Mac版)

1.「エクスポート」をクリック

2.ファイル名を付け、ファイルのフォーマット形式を選択

3.必要に応じ、「ビデオ」の項目から「コーデック」「フレームレート」「解像度」「ビットレート」を調整

4.同様に、「音声」の項目から「コーデック」「チャンネル」「サンプルレート」「ビットレート」を調整

動画ファイルを書き込み

以上ですが、上記手順の3と4については、ファイルフォーマットを選択した時点で、デフォルトで最適な設定となっているので、あえて変更する必要はないと思います。圧縮率を考慮したり、多少凝って見たい時だけ私は変更しています。

こんな感じで両者を、その操作手順などから比べてみましたが、いかがでしょうか。

私としてはFinal Cut Proはマスターを選択して保存するのを理解するのに少し時間がかかってしまいました。動画編集 プロはその点では、明らかに選択すべき事項はファイル形式など理解しやすいところだけなので、好印象でした。

後は価格的なところの判断になりますが、Final Cut Proは最新バージョンのXでMac App Storeではすごく高くて、一方、『Filmora 動画編集(Mac版)』はダウンロード版で五千円弱で、コストパフォーマンスを比べてしまうと動画編集プロは、おいしいソフトに思えます。

動画編集

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :


サイトマップ

Top