iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iMovieで動画・画像をクロップしましょう

Macというと、クリエイティブな仕事をする方が使うマシンという印象が昔からあり、とはいえ昨今ではiPhoneやiPad等の普及によりPCはMac、という方も増えてきましたね。

このスマートデバイスとPCの連携で頻繁に行われるのが、スマートデバイスからPCへの画像・動画データの移動・保管・編集ではないでしょうか。

ここでは標準で使用することができるiMovieを引き合いに出して、その利用について書いていこうと思います。 とはいえすべてを書いていくとスペースが足らなくなりますので、スマートデバイスからPCにデータを移動させてまず手始めの編集作業として複数のデータを1本のデータに仕上げる時にも有効な、クロップという作業にクローズアップしていきます。

imovie

このクロップという作業ですが、画像データやタイムラインに取り込まれた動画データのクリップを切り取り、画面内の必要なところだけをクローズアップしたり不要箇所を削除したりすることを言います。例えば、運動会の動画で、主役の我が子が引きの映像で撮影されているシーンを、周囲を削除して我が子だけを切り抜き拡大したシーンを作ることなど。

final cut pro

さて、具体的手順をご紹介します:

まず、読み込んでタイムラインに持って行った素材動画(もしくは写真)を選択します。

次に、「切り取り」をクリックすると、ビューア上でフレームが表示されるので、そのフレームを必要な個所に動かしてサイズを変更し、適用ボタンをクリックして完了です。

final cut pro

最後に、クロップしたデータを回転させたい場合は「トリミング」(クロップ)アイコンをクリックして、ビューアの一番上にある「右回転」か「左回転」を表現している矢印のアイコンをクリックして回転させます。こうすることで、アスペクト比とは異なる素材データのクロップを、作成中の動画データのアスペクト比に合わせることができます。

つまり、動画選択→切り取りをクリック→フレームで調整→回転の順ですね。

final cut pro

iMovieでは、このようにクロップ作業において、実質2画面を行ったり来たりしますが、そもそもプレビュー画面上ですべてクロップ作業ができるソフトがあります。

それはWondershare「動画編集 プロ」(Mac版)です。安価ながら、高機能な動画編集ができるソフトなのですが、全て同一のプレビュー画面でクロップ作業ができます。

動画クロップ

タイムライン上にあるクロップしたい動画を選択(ハイライト)し、ツールバーから「クロップ」を選びます。すると動画画面の上にトリミング枠が表示されるので、その枠をクロップしたい場所にマウスでドラッグし大きさを調整して完了です。クロップ後の画面を回転させるのも、メニューの「回転」を選ぶか、ツールバーの回転ボタンをクリックするだけです。

動画クロップ

こちらも「動画選択→クロップ→トリミング枠で調整→回転」の順に進みますが、プレビューも同じ画面でできるので、一点集中での作業が可能で、作業はしやすいですよね。

ヒント:どんなソフトであっても、クロップにおいてはアスペクト比を必ず合わせ、クロップ後の画素の粗さを避けるためにも元のデータの解像度もできるだけ高いことが重要になってきます。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :


ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 他の動画編集 > iMovieで動画・画像をクロップしましょう

サイトマップ

Top