iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MKVフォーマットのデータはどう編集したらよいのでしょうか。

現在動画データのフォーマットとして、動画サイトや各種スマートフォンなどで採用され主流となっているMP4フォーマット。 MPEG-1圧縮、MPEG-2圧縮、MPEG-4圧縮/H.264や音声ではMP3などを入れられるMPEG系のコンテナですが、 それ以外のフォーマットはどうかというと入れることができません。

そこで、フォーマットの垣根を越えてあらゆるフォーマットを入れることができるコンテナはというと、それがMKVです。 入れられるフォーマットが多い(QuickTimeやMotion JPEG、各MPEG、H.264、WMV、RealVideoなどにも対応)だけでなく、 多チャンネル動画や音声・字幕なども入れられるという特徴があります。 そのキャパシティや汎用性ゆえに、ストリームメディアにも対応でき、配信する側にもメリットがあります。

裏を返せば、それら配信されたデータを利活用することもできるわけで、例えば最近の多重音声放送や字幕放送をする テレビ放送などを録画・キャプチャーして私的利用するケースも出てきますよね。

長時間のビデオを圧縮できる一方で品質を保つことができたりチャプターや字幕も付加できるので、自分の勉強用にテレビの 語学番組や料理番組を録画してそれを編集したり、手元にある素材動画を編集してMKVフォーマットにし、動画サイトに アップロードしたりと、利活用と配信の双方でMKVフォーマットデータの有効性・利用頻度が際立ってきます。

では具体例として、自分でダウンロードしたり録画したりしたMKVフォーマットのデータを使って、オリジナルの作品に 仕上げる(編集する)にはどうしたらよいでしょうか。

汎用性があるフォーマットとはいえ、まだそれほど一般的に聞き覚えの少ない名称のフォーマットなので、 どういうソフトで編集したらよいか迷う方もいるのではないでしょうか。

そこで、MKVフォーマットを取り扱えて、操作も簡単、となるとおすすめは「Wondershare 動画編集 プロ」です。

win版ダウンロード   Mac版ダウンロード

手順は2通りあって、1本の素材データに編集効果を付けるだけであれば「簡易編集モード」で、
いくつかの素材データを使って、凝った編集効果をつける場合には「高度編集モード」で行います。

まず「簡易編集モード」の手順から。

 windows movie maker

Step 1簡易編集モードで立ち上げた画面に、素材となるMKVデータをドラッグアンドドロップして取り込む

Step 2メニュー画面やタイトル・BGMをつける

Step 3保存する(書き出す)

たったこれだけです。

続いて「高度編集モード」の手順を。

 video editor

Step 1高度編集モードで立ち上げたら「メディアライブラリー」に素材となるMKVデータをドラッグアンドドロップして取り込む

Step 2タイムライン上にドラッグアンドドロップして移動し、編集する(詳細は別途)

Step 3保存する(書き出す)

こちらもこの3ステップで完了してしまいます。

高度編集モードのStep2に出てきた編集についてですが、例えばBGMをつけたり、そもそものデータについている音声 をカットして別の音声データを重ねることや、テキストを動画画面上に乗せたりクロップできたり、フィルタリングできたり 等々、高価で高機能は動画編集ソフトと同じようなことが、一見すると取り扱いが難しそうな、異種のエンコードされた動画 が入っているコンテナフォーマットであるMKVですらたったの3ステップで、しかも動画編集の知識がそれほどなくても プロのような編集が簡単にできてしまいます。しかもこのソフトはとてもお手頃価格なんです。

win版ダウンロード   Mac版ダウンロード

ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 他の動画編集 > MKVフォーマットのデータはどう編集したらよいのでしょうか

サイトマップ

Top