iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

大切なムービーを編集したい時、手軽に使えるおすすめソフトと編集方法をご紹介

今や携帯電話とカメラがセットになっているのが当たり前の中、皆さんも普段からちょっとした面白い場面などをカメラに記録しているかと思います。このように、カメラが身近な物になったことで、イベントや行事ではカメラは欠かせず、特に結婚式などではビデオを撮る方も力が入るのではないでしょうか?そして、ムービーを撮影したからには編集にもきちんとこだわり、作品を観た時により楽しめるものにしたいと思う方も多いはずです。
編集は手近なところだとムービーメーカなどで行えますが、あまり慣れていない方にとっては難しく感じて戸惑ってしまうこともあるかもしれません。そこで、ブライダルムービーなどの大切な瞬間をどなたでも手軽に彩ることが可能なおすすめのソフトがWondershareの「Filmora 動画編集 プロ(Win版)」になります。

windows版ダウンロード   Mac版ダウンロー

まず、このソフトの特徴の1つは動画の読み込みの対応力でMP4、WMVといったファイルをはじめ、高画質なビデオカメラのデジタルムービーも変換せずに読み込め、このソフト上で編集を行うことができます。
さらに、ムービーの他に写真も読み込めるほか、編集の面も分割やトリミングはもちろん、モザイクなどの特殊効果やトランジション、PIPなどで自由なアレンジが可能です。そして、最大の特徴は操作のしやすさで、画面が分かりやすいと同時に編集の作業1つにしてもアイコンや表示される画面に沿う形で悩まずに楽しくビデオムービーを作成していけると思います。
ここからは、編集などの方法についていくつかに分けて説明します。

ステップ1 動画・写真の追加。

画面上の「追加」のボタンで任意の編集したいファイルを選ぶ形で手軽に作業を進められます。

動画・写真の追加

ステップ2多彩なエフェクトと編集機能の追加

この時にムービーや写真と一緒に音楽ファイルも読み込むことができ、編集の中でBGMとして活用できます。

多彩なエフェクトと編集機能の追加

*タイムライン

編集はファイルを画面下のタイムラインに移して行うのですが、動画の中で要らない箇所があった時には分割を利用しましょう。タイムラインに表示されている縦のバーを動かすことで、それより手前の部分を切り取れ、位置を決めたら画面上のハサミのボタンをクリックするだけです。
また、トリミングを使うことによってムービーの大切な一部分をピンポイントで表示できるため、映像も見やすくなります。

タイムライン

*トランジション

このソフトは動画以外にもスライドショーという形で写真でムービーを作ることができ、その場合は「トランジション」をうまく利用しましょう。
画面中央のアイコンをクリックし、画面を見ながら演出のパターンを選んで設定をすると、写真も滑らかに切り替わって華やかさが加わります。

トランジション

*テキスト/クレジット

自在に文字の演出ができるので、動画の注目の場面にコメントなどを入れてもいいですし、最後のエンディング部分を自分なりに工夫することもできます。
表示方法などを決めた後は、タイムラインのテキストの部分から表示する文字やフォントといった指定を行えます。

テキスト/クレジット

ステップ3保存形式の選択

このソフトはファイルや形式を選ぶシンプルな操作であっという間に作業が完了します。

その手軽さだけでなく、MOV、WMVなどのファイルやDVDにiPhoneなどの形式にも対応して作品を観る環境に応じた変換ができます。

保存形式の選択

今までムービー編集をしようとフリーのソフトを使用したものの、思うような編集が出来なかったという方もいるのではないでしょうか?そういった初心者の方でもこのソフトを使用していくと操作に複雑さもないので、編集の方法を徐々にマスターできるようになると思います。ムービー撮影をした後は編集をして色々なアレンジをした方がより楽しいですし、思い出深い作品になるはずです。
今回のWondershareの「Filmora 動画編集 プロ(Win版)」を活用し、自身で細かく編集の仕方を考えながら楽しくムービー作りをして頂ければと思います。

windows版ダウンロード  Mac版ダウンロー
ホーム > 製品活用ガイド > ムービー・スライドショー作成 > スライドショー作成 > 大切なムービーを編集したい時、手軽に使えるおすすめソフトと編集方法の説明

サイトマップ

Top