iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

AviutlでMP3データを読み込み、編集する方法

AviUtlでは、各種プラグインを組み込むことで、様々なフォーマットのデータを扱うことができるようになりますが、動画や画像だけでなく、音声(オーディオ)フォーマットもしかりです。

Part 1: AviutlでMP3を読み込み、編集、出力する方法や手順

動画を編集していく中で、効果的なBGMを入れるのはごく自然な流れですが、どのような方法でAviUtlに取り込み、どのようにして動画との編集作業を進めて行ったらよいのでしょうか。

ステップ1音声フォーマットデータを取り込む。

ここではMp3データを例に挙げますが、AviUtlの拡張編集プラグインを予めダウンロードして、インストールしておく 必要があります。

「DirectShow File Reader」を入れるのですが、「ds_input.aui」というファイルがそれです。これをプラグインとして 入れることでMp3フォーマットのデータも読み込んでくれます。MP3に限って言えば、「MP3 Audio File Reader」を入れるだけでも読み込めます。

動画データに音声を追加したい場合も、音声データだけを編集したい場合も、該当する音声データもともに、「拡張編集」のタイムライン上で作業します。「メニュー」「設定」から「拡張編集の設定」を選択して拡張編集ウインドウを立ち上げて、そこに素材のデータをドラッグアンドドロップすれば簡単に取り込んでくれます。

なお、「MP3 Audio File Reader」を入れた場合には、ドラッグアンドドロップで音声データを入れることができないので 「ファイル」「音声読み込み」から、ファイルの種類としてすべてのファイルを見られるようにしてMP3データを取り込む必要があります。 また、再生ウインドウでは音が出ないので、いちいちファイルに出力して確認しないとなりません。

AviutlでMP3を読み込み

ステップ2編集します。

タイムライン上の音声データのバーをダブルクリックします。 すると音声ファイルの設定用のダイアログ画面が出てくるので、ここで調整します。音量や、左右の音のバランスはもとより、再生速度も調整できます。

ダイアログ画面の右上にある「+」をクリックするとさらにエフェクトを追加できます。フェードイン、フェードアウトや、ディレイ、モノラル化、といったものです。

AviutlでMP3編集

拡張編集プラグインで編集しないで、AviUtlの基本機能だけで音声データを合成する場合、本来の動画データの音声は消えてしまい、合成した音声データの音だけになります。

また、動画を絡めずにMP3フォーマットだけのデータを取り扱う場合でも、拡張編集プラグインをもちいることで複数のMP3のデータを扱うことができるので、基本的には、プラグインが必要になります。

とはいえ、基本機能だけではMP3データは取り扱えないので、これはWAVフォーマットを使用する場合のみ、というところでしょうか。

なお、動画の音声と、合成した音声データのそれぞれの長さが異なる場合には、合成した音声データの設定用ダイアログでループ設定にチェックを入れておけばタイムライン上の音声データのバーの長さを変えられるので、これで動画データの音声と合わせておきます。

ステップ3出力します。

出力前に、タイムライン上で右クリックし、「範囲設定」「最後のオブジェクト位置を最終フレーム」と選択し、最終出力位置を変えてから出力していきます。

動画データに関係なく、MP3フォーマットデータだけを編集した場合には、いわゆるMP3フォーマットでの書き出しになるのですが、「ファイル」「WAV出力」を選択して、「形式」は「MPEG Layer-3」にし、「属性」はプルダウンで出てくるそれぞれのパラメータの組み合わせから選びます。
※事前にMP3コーデックをPCにインストールしておく必要があります。

AviutlでMP3フォーマットを出力

これで出力するのですが、出力されたファイルの拡張子は「.wav」となっていますが、MP3対応のプレイヤーで再生できます。

Part 2: MP3編集しやすいソフトー「Filmora 動画編集 プロ]

AviUtlでは、MP3データの取り扱いは、様々なパラメータ設定や、事前の準備など手間がかかりますね。ソフトの取り扱いはもとより、そもそものこうした動画や音声データに関する知識がないと、難しいですね。

そこでこういったMP3フォーマットのデータの取り扱い(編集や合成なども含め)操作が簡単で、設定もあまり考えずとも最適な状態で保存できるソフトとしてWondershare 「Filmora 動画編集 プロ」をお勧めします。

win版ダウンロー   Mac版ダウンロード

MP3フォーマットデータ単体でも、ドラッグアンドドロップするだけで取り込めて、編集もタイムライン上で右クリックして行います。

再生速度、ボニューム、フェードイン、フェードアウト、ピッチ等、基本的なところも視覚的に操作できるような作りになっています。

MP3編集ソフト

動画と合成した場合も、動画データに乗っている音声を分離して、その音声を編集したうえで、別途合成したMP3データを編集するなど複合的な編集も可能で、いずれの場合も出力の際にファイル形式としてMP3を指定するだけで、簡単に.mp3で出力してくれます。

aviutl mp3 出力

恐る恐る設定する必要なく、簡単に取り込みから編集、出力までワンストップでできるこのWondershare 「Filmora 動画編集 プロ」は、コストパフォーマンスが高いソフトです。

win版ダウンロー   Mac版ダウンロード

Filmora 動画編集 プロを利用してMP3、WMA、WAVなどの音声ファイルを編集する方法


win版ダウンロー    Mac版ダウンロード

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

サイトマップ

Top