iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

mpeg mp4 変換

スマートフォンの普及により動画を撮ることがごく普通となり、それを編集してYouTubeやニコニコ動画などの動画共有サイトに投稿、シェアすることが一般的になりつつあります。しかし動画ファイルにはaviやmpeg、flv、mp4などさまざまなファイル形式が存在し、サイトで見られるよう場合によってはファイル形式を変換する必要があります。そこで例としてmpegを今最も普及していて高画質、低容量のmp4に変換する方法を紹介していきます。

まずファイル形式を変換するにはソフトが必要です。mpegをmp4に変換するフリーソフトはたくさんありますが、mp4をmpeg2に 変換したり、他のさまざまなファイル形式への変換や、編集もできるFilmora動画編集を使って、これから説明していきます。
弊社動画編集ソフトを使って紹介

win版ダウンロー Mac版ダウンロー


ファイル形式にはさまざまな種類があり、ご存じない方にとってはmp4はmpeg4に変換できるのか? またmpeg4からmp4に変換はできないかなど、判別ができないということもあります。だからといって複数のソフトを併用すればより混乱を招きかねません。しかしFilmora動画編集であればほぼ全てのファイル形式に対応し、希望の形式に変換できます。そして動画編集からDVD作成、ネットへのアップなどオールインワンにこなせる動画編集ソフトなのです。またWindows版とMac版両方ありますので、OSを問わず広く使用できます。
では実際にmpegをmp4に変換する手順を説明していきます。(注意:アイコンの位置がそれぞれのOS版で若干違いますが、操作自体は一緒ですので、区別せずにまとめて説明します。)

Part1. mpegをmp4に

動画をタイムラインに入れた状態で、画面中央の段にある「作成」をクリックします。

mpeg-mp4-converter

すると出力画面に移行するので、「形式」タブをクリックし、「MP4」を選択、後は作成をクリックすればmpegからmp4変換する作業に入るので、完了を待ちます。
作業が完了したら、確認のため出力されたファイルの拡張子がmpegからmp4に変換されているか確認しましょう。

mpeg-mp4-converter


Part 2:mp4をmpegに

逆の場合、つまりmp4をmpegに変換する時はどうなのか?と思った方もいるでしょうから、次はmp4からmpegに変換する手順を説明します。


先ほどと一緒で、タイムラインに動画を入れた状態で、「作成」をクリックします。
すると出力画面に変わるので、「形式」タブをクリックし、「MPEG-2」を選択。後は「作成」をクリックするとmp4をmpegに変換する作業に入るので、完了を待ちます。
作業が完了したら、mp4 がmpeg に変換されているか確認します。その時拡張子が「.mpg」となっていますが、mpgとmpegは等しい関係ですので、問題ありません。

mpeg-mp4-converter

いかがだったでしょうか? mp4からmpegに変換する作業はご覧の通りFilmora動画編集を使えば簡単だということが分かりますね。

拡張子の変換を普段しない方にとっては、コンテナやコーデック、拡張子など種類が多く、煩わしい上、コンテナにどんな組み合わせで入っているかは、拡張子だけでは判断が難しいのが事実です。その点Filmora動画編集であればさまざまな入出力に対応できるので変換のたびに一々ソフトを変える必要はなく、変換するプロセスもシンプルです。もちろん詳細な設定もできます。実際は編集がメインなので、編集の機能のほうも合わせて試してみてください。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

関連製品
ピックアップ記事
ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > MPEG編集 > mpegを変換してmp4にするソフトと方法は?

サイトマップ

Top