iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

扱いやすい動画編集ソフトランキングTOP8

スマホの普及により動画を撮ることもだいぶ身近になってきましたが、それと共に編集ソフトも多種多様になり、シェアウェアだけでなくフリーソフトでも多機能な編集が可能なソフトも増えてきたこともあって選択が難しくなってきました。しかし操作性が悪くては機能がいくらあっても意味がありません。そこで操作が簡単であるかに視点をおいたおすすめの動画編集ソフトをランキングの形で紹介していきます。

動画編集ソフトをランキングする

おススメソフト1:「Wondershare 動画編集 プロ」 

AVI、MP4、WMV、MKV、3GP、FLV、MOVなど主要なフォーマットからほぼ全ての動画の入出力に対応し、編集からYouTubeやFacebookへのアップロード、DVD作成までオールマイティな動画編集ソフトです。「初心者でも簡単に動画を扱える」をコンセプトにしていますが、基本的な編集機能に加え、高度な編集も可能です。素材が豊富に用意されており、型にはめることでクオリティの高い動画を簡単に作れるうえワンパターンになりません。インターフェイスはシンプルで扱いやすくユーザーの技量を問いません。

また初心者や簡単に作りたい場合に最適な「簡単編集モード」とオーソドックスに編集を楽しめる「高度編集モード」の2つを搭載しているところがポイントです。簡単編集モードでどうやって動画が編集されていくのか、どういう風に作ればいいのかが分かりますし、慣れて来たら高度編集モードにステップアップでき、上級者はもちろん、入門者の方やこれから編集を始める方など幅広くおすすめできるランキング1位納得の動画編集ソフトです。

動画結合するソフト

おススメソフト2:「ムービーメーカー」(Windows ムービーメーカー 2012)

動画編集ソフト ムービーメーカー

Windows純正で古くから動画編集用として無料でプリインストールされていたこともあり有名なフリーの動画編集ソフトです。初心者向けに作られているということもあり、シンプルなインターフェイスで+C4基本的な編集機能も搭載しています。編集メニューがWindowsでお馴染みのリボン式となっているため操作はしやすいのですが、一般の編集ソフトと使い方が違い独特です。ステップアップしたときを考えると操作の違いに戸惑うことがあるかもしれません。

しかし、著作権フリーの曲を検索し、BGMへ追加する機能や楽曲の長さに映像を自動で合わせられるなど初心者でも扱いやすい機能が搭載されており、編集自体のいろはを学ぶには最適なソフトです。欠点は高度な編集ができないため凝ったものが作りたいという人には物足りないところです。

おススメソフト3:「AviUtl」フリーウェア

動画編集ソフト AviUtl

元々KENくんという個人が作成した動画編集ソフトでしたが有志の協力もあってフリーとしてはかなり高度な編集機能と拡張性を持つ人気の動画編集ソフトになりました。このソフト単体では動画は対応ファイルがAVIファイルだけで基本的な編集しかできませんが、さまざまなプラグインの拡張性により、入出力の対応フォーマット数や変換、複雑な編集が可能になります。

しかしバグやエラーといったトラブルに見舞われる可能性があり、そこは自己責任になります。初心者に特に配慮していることもなく機能が多すぎるのと玄人向けのインターフェイスのため簡単な編集をしようとする人には向きませんがある程度の編集の知識があって基本的な編集では物足りない人におすすめです。

おススメソフト4:「iMovie」

動画編集ソフト ランキング

Apple純正ということもあって操作性もよくランキングの中でもMacユーザーで初心者や簡単な編集をしたい人におすすめの動画編集ソフトです。上質なテンプレートが豊富に用意されており、直感的な操作も相まって誰でも手軽に映画のような予告を作れる上1800円という手頃な値段が魅力的。作った後はYouTubeやFacebookにアップし共有することが可能です。上級者には物足りないも知れませんが、編集がはじめての方には動画編集の楽しさを体験できるソフトです。

おススメソフト5:「Cyberlink PowerDirector」

動画編集ソフト Cyberlink PowerDirector

動画を編集されている方にはAdobe Premiere Elementsと並んでお馴染みの動画編集を代表するソフトです。使いやすい上GPUを搭載しているPCであればレンダリングを高速化でき、動作も軽くHDや4K動画に対応。もちろん最新を含めさまざまなコーデックに対応しているため編集できないフォーマットはありません。新機能のアクションカメラセンターはビデオの手振れ、レンズの歪みを補正し、パフォーマンス系の動画を撮る方には非常に便利です。高度な編集と豊富なエフェクト、編集素材が豊富なので、高いクオリティーを追求する方には最適の一本です。

おススメソフト6:「VideoStudio」

動画編集ソフト VideoStudio

ビデオ編集ソフトとして日本で高いシェアを誇っており、さまざまな動画編集ソフトのランキングで多く見かけます。元々初心者向けの簡単な編集ソフトとしてパーケージの一つとして発売されたということもあって初心者でも扱いやすい仕様にもかかわらず業務用でも利用されていますが、ハイエンドの編集ソフトとの差はあります。便利な機能として自動的に背景の音を調整し、会話とナレーションを明確に分けられます。音の調整は重なってしまうと編集し辛いので大幅な時間の短縮になります。

ユニークな機能としてはスクリーンキャプチャが挙げられます。PCの画面とオーディオ、マイクの音声を直接録画できますので、共有サイトの中でも人気のゲーム実況動画を配信している人にはマストの機能といえるでしょう。

おススメソフト7:「Adobe Premiere Elements」

動画編集ソフト Adobe Premiere Elements

Macの動画編集といえばiMovieというようにWindowsといったらPremiere Elementsです。Premiere Proの廉価版ですが、価格以上の高度な編集機能と使いやすさが魅力の動画編集ソフトです。エフェクトやトランジション、オーディオエフェクトなども豊富に用意されており、フレーム単位での細かい編集が可能です。編集作業というとカットを多用しますが、シンプルで使いやすさはトップクラスです。

14からの新機能としてテキストやグラフィックを内臓プリセットで簡単にアニメーション化できる「モーションタイトル」が追加されました。ガイド機能もついておりステップバイステップで編集技術を学べる入門用ソフトとしておすすめの一本です。動作が重いため平均以上のスペックを持っていないと快適な動作が望めないところが残念です。

おススメソフト8: 「VideoPad」

動画編集ソフト VideoPad

基本的な編集機能を備え、操作性は特に癖もなく一般的な動画編集ソフトと同じで快適です。対応フォーマットの入力はDVやHDVを含むデバイスからほぼすべての形式に対応しており、主要なフォーマットに出力可能です。さらにDVDへのオーサリングやYouTubeへのアップなども備えこれで無料!…だったのですが、最近30日間無料の有料ソフトになりました。値段も7199円(ドル換算のため変動します。)ですので、これだと高度な編集を備えた他の編集ソフトも競合しますのでむずかしいところです。編集をこれからはじめる人に向いてはいますが上級者には機能面で物足りないかもしれません。


動画編集ソフトは使い手との相性や用途、技量、PCのスペックを問いますので、高い物が一番とは限りません。それに使いこなすにはセンスや時間が必要です。しかし動画編集をはじめる人が増えてきているのもあって取っ付きにくく、敷居が高いイメージがあるこの分野のソフトもだいぶ扱いやすくなってきましたし、1万円しないものでも機能は十分です。中でも編集をこれからという方には「Wondershare 動画編集 プロ」がおすすめです。値段も手頃で複雑な編集作業も一から楽しく学べますし、クオリティの高い作品を作れます。まずは体験版をお試しください。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 動画の編集ソフト > 扱いやすい動画編集ソフトランキング

サイトマップ

Top