iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Window ムービーメーカー 対応できるファイル形式

ビデオ編集ソフトでサポートしているファイル形式はさまざまです。下の表ではWindows Movie Makerでどの種類のファイル形式からインポートし、どのファイル形式にエクスポートできるのかが分かります。

現行のMicrosoft Essential (Suite) 2012 に入っているWindows ムービーメーカーではWindows VistaやXPに比べるとサポートしているファイル形式は増えています。

それでも、ファイル互換でのエラーは避けられません。それゆえ、多くの方はエラーを避けるため、プログラムが推奨するオプションを選択していることでしょう。エラーのせいでせっかく編集したビデオをすべてを失ってしまうというリスクは避けたいですからね。

ここでは、お気に入りの動画をコンバートするための簡単なステップを学びましょう。

表1:対応のファイル形式

ビデオファイル

オーディオファイル

画像ファイル

WMV
ASF
JPG, JPEG
ASF
WM
JFIF
WM
WMA
JPE
M2TS, MTS, M2T
AIF
TIF, TIFF
MOV, QT
AIFF
GIF
AVI
WAV
BMP
DVR-MS
M4A
DIB
WTV
MP3
RLE

表2:出力できる形式

プロジェクトファイル

スナップショット

再放送

DVD

WLMP
PNG
MP4
WMV

備考:対応ファイルの完全リストはこちらへ

表3:入力できる形式

ビデオファイル

オーディオファイル

画像

DV, DIF, NUT, H261, H264, NSV, FLV, MKV, PSP, DAT, EVO, RM, RMVB, TS, TP & TRP
AAC, AC3, FLAC, APE, CUE, AU, AMR, OGG, DPE, MKA, M4V, MPA, MP2 & RA
JPE & DIB

推薦する方法 ―「動画編集 プロ」

Windows ムービーメーカーと互換性がないビデオ・ファイルがいくつもあるなら、互換性のある動画編集 プロを使うといいでしょう。推薦する動画編集 プロはWindows Movie Makerと何ら変わりなく、もしかすると、それ以上の編集機能があります。操作はただ、シンプルにプログラムにビデオ・ファイルをドラッグ&ドロップします。リアルタイムに変化を確認しながらビデオを編集することができます。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

ムービーメーカ 対応ファイル形式

ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > ムービーメーカー 編集 > ムービーメーカーで 対応ファイル形式

サイトマップ

Top