iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

2016年おすすめのビデオ編集ソフト5つを紹介

動画を撮ることが身近になり、PCだけでなく、スマートフォンでもビデオ編集ソフトやアプリを使い、編集する機会が増えてきています。その背景としてユーザー争奪戦が加熱しており、敷居の高かった編集が簡単に操作できるようになった上に、価格も手頃になったということがあります。中には高性能でありながら無料のビデオ編集ソフトもあり、ユーザー側には嬉しいことですが、如何せん種類が多いため、使い方によってソフトを選ぶことも必要です。そこで使用別におすすめのビデオ編集ソフト5つを紹介します。

おすすめのビデオ編集ソフト5つを紹介

1:無料ビデオ編集ソフトにも関わらず、高度な編集ができるAviUtl(無料)Windows

AviUtl

一般の方が製作し、多数の有志により拡張、進化し続けるビデオ編集のフリーソフトの中でも群を抜いている優秀なソフトです。本ソフト自体は基本的な編集機能しかありませんが、プラグインやスクリプトの追加によって有料のビデオ編集ソフトと比較しても遜色ない機能を使用できます。ただ、インターフェイスは使いづらく、のっけから専門用語が飛び出してくるなど、初心者には使いづらい面もありますが、ユーザーが多いためネットで調べれば大抵解決できます。無料でかつ本格的な編集がしたい人におすすめのソフトです。

2:.現代のPCビデオ編集ソフトの原型であり、低価格でハイクオリティなiMovie(1800円)Mac

imoive

かつてMacに無料で標準搭載されていて、ライブラリー、タイムライン、プレビューウインドウと今ではどのビデオ編集ソフトでも基本となっているこの構成を最初に起用したパイオニア的な存在です。Macを所有しているならまずはこのソフトで十分といっていいほど使いやすく、基本編集は一通りできます。一番のポイントは29種類のテンプレートを選ぶだけで映画の予告編並みのクオリティの動画を作れることです。本格的な編集機能はありませんが、Macユーザーでビデオ編集ソフトを使うのがはじめての方におすすめのソフトです。

3:Windowsユーザーでビデオ編集初心者におすすめ Windows ムービーメーカー 2012(無料)Windows

Windows ムービーメーカー 2012

このソフトは初心者や上級者の方それぞれに合わせた編集が可能になっていることが利点と言えると思います。テンプレートなどを選んだりする形で初心者の方でも編集の楽しさが実感でき、トランジションやテキストを巧みに活用した自由なアレンジもできるようになっています。

逆再生もオプションからボタン1つで設定できる手軽さで、動画もDVDやWMVの形で保存できる点からも動画作りをより手軽に楽しめると思います。そして、一眼レフなどのカメラを利用して写真を撮り、その写真をソフト上でパラパラ漫画のように編集もできるので普段とは少し違った動画を作りたい時にはいいかもしれません。

4:一般のビデオ編集ソフトの中でも欠点もなく、動作も軽い優秀な編集ソフトPowerDirector14 Windows

power director

各メディアのビデオ編集ソフトのランキングでも売れ行き、満足度共に上位に来るのも納得の安定動作と軽さ、値段も手頃なところが魅力のソフトです。わかりやすいインターフェイスで直感的な操作感も相まって初心者上級者を問わず広く使えます。また対応するファイル形式、コーデック共にほとんどカバーしているので編集できない動画はそうはないでしょう。 エフェクトやテンプレートも質が高く、種類も多いので、編集素材には困りません。グレードがStandard、Ultra、Ultimateと分かれているので、自分の用途に合わせて選べます。どのグレードでも使用できる「スクリーンレコーダー」はパソコンの画面を音声と共に録画でき、ゲーム実況などをされる方におすすめの機能です。

5:編集からアップロードまで一本でこなせるオールインワンソフトFilmora動画編集 Windows、Mac

「Filmora 動画編集」

「簡単編集モード」と「高度編集モード」を搭載し、初心者から上級者まで満足できるビデオ編集ソフトです。わかりやすいインターフェイスに操作性、編集素材に、さまざまな効果が付けられるのが特徴です。iMovieのように型にはめて作る簡単編集モードは初心者だけでなく、手軽にスライドショーやビデオ作成をするのに便利です。また「高度編集モード」ではシェアウェアならではの本格的な編集機能が使用できる上に、シンプルで直感的に操作でき、専門的な知識がなくても編集できます。対応形式、コーデックなどもほぼ全てサポートし、スマートフォンやゲーム機、SNSなど希望のファイル形式に出力可能です。その後そのまま保存するもネットにアップするもDVDに焼くのもこれ一つでこなせます。 これから編集をしたい方、他の編集ソフトと合わなかった方におすすめしたいソフトです。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

どのソフトも常に進化し続け、一般のビデオソフトで見られるエフェクトや効果などプロが使っていたような機能が低価格で使用できるようになっていく上に、使いやすさも向上してきています。使う用途や技量に応じて選ぶべきですが、まずは体験版で自分に合うか試してから購入を検討するといいでしょう。

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 動画の編集ソフト > 2016年おすすめのビデオ編集ソフト5つを紹介

サイトマップ

Top