iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

再生中の動画と音声を保存する方法-ビデオキャプチャー

パソコンに動画を取り込みたい場合、色々な方法があります。 まずは、デジタルビデオカメラやデジタルカメラなどですが、これらは、専用のUSBケーブルでパソコンに繋ぐことで動画や写真のデータが取り込めます。また、デジタルカメラの場合、SDカードを使ってパソコンに動画や写真を取り込むことが出来ます。 他にも有名なサイトでインターネット配信されている動画などは、パソコンに取り込み保存できるソフトなどがあったりします。

しかし、このような動画の取り込み保存の方法が無い場合に、パソコン画面で再生している動画と音声をパソコン内に保存する方法があります。

Part 1: ビデオキャプチャーとは

ビデオキャプチャーとは、テレビの放送信号やレコーダー、ビデオデッキからの映像をパソコン画面に映し出し、その画面に映る映像と音声をパソコン内に保存することを言います。また、ネットワーク配信されている動画を再生して、その画面(動画と音声)をパソコン内に保存することもビデオキャプチャと言う。

そして、テレビの放送信号やレコーダー、ビデオデッキからの映像をパソコン画面に映すには、USB形式のビデオキャプチャデバイスやパソコン内に内蔵させるビデオキャプチャカードなどが必要になります。

ビデオキャプチャカードにはテレビチューナーが内蔵されている物もあり、テレビをパソコンで見ることも可能です。 また、そのビデオキャプチャデバイスを使い映した動画と音声をビデオキャプチャーするにはビデオキャプチャーソフトが必要になります。

ビデオキャプチャー

Part 2: ビデオキャプチャーするソフト-「Filmora 動画編集」

ビデオキャプチャーソフトには有料のビデオキャプチャーソフトと無料キャプチャーソフトがあります。 しかし、キャプチャソフト フリーは画面にロゴが映り込んだり、映像が荒いなどの難点もあるので注意が必要です。 また、この手のソフトはコーデックが必要なソフトやビットレートなどの細かい設定が必要な場合など、素人にはなかなか難しい面があります。

ちなみに私が使っているビデオキャプチャーソフトの「Filmora 動画編集」は有料版になりますが、コーデックなどを別に用意する必要も無く、細かい設定も要りません。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

操作は数回のクリックのみでパソコン画面に映し出した映像と音声をパソコン内に保存することができます。 また、ビデオキャプチャーから編集加工まで、全ての作業がこのソフト1本で出来るので、このビデオキャプチャーソフトがあれば他のソフトは必要なくなります。

それでは、私が使用している「Filmora 動画編集」の操作方法を少し紹介させて頂きたいと思います。

その手順について見ていきましょう

ステップ 1 「Filmora 動画編集」を起動する

まず、「Filmora 動画編集」を起動して「16:9」の「高度編集モード」を選択します。

ビデオキャプチャー

ステップ 2 録画する

次に画面上部の「録画」をクリックして「コンピュータスクリーンを録画」を選びます。 青い選択範囲の枠が現れたら、画面全部もしくは動画の再生サイズに合わせて「REC」ボタンをクリックします。

録画が済んだら停止ボタンをクリックすると、「Filmora 動画編集」に取り込まれます。

無料キャプチャーソフト

ステップ 3 動画を保存する

そして、動画を保存する場合は「作成」をクリックします。

次に保存する形式をWMV、MP4、AVI、MOV、FLV、MKV、TS、3GP、MPEG-2、WEBM、HTML5、MP3の中から選び、名前と保存先を決めて「作成」をクリックすると動画がパソコン内に保存されます。

無料キャプチャーソフト

このように難しい設定も無く、簡単な操作だけで画質の劣化が起こる事も無く動画をパソコン内に保存することが出来ます。 ぜひ、ビデオキャプチャーソフトの購入を考えている場合は「Filmora 動画編集」も選択肢に入れてみてください。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 録画・録音 > 再生中の動画と音声を保存する方法-ビデオキャプチャー

サイトマップ

Top