iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

必要なところだけを切り出し!静止画のように、動画でもできるのか?

撮りためた写真データでアルバムを作ったり、プレゼン用資料に画像データを貼り付けたりする際に多用する「トリミング」。画像周辺の不要な個所を切り取って、必要な個所だけを残して拡大。お気に入りのアルバムをよりお気に入りに、大事なプレゼン資料をより説得力のあるものに、とそれは大切な機能ですが、もう一方で出来上がりのファイルサイズの容量圧縮にも役立つものですね。

このトリミング機能、動画で果たしてできるのでしょうか?答えは「Yes」、しかも簡単にできるんです。

ではその手順を、『動画編集 プロ』というソフトを例にお教えします。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

「動画編集 プロ」とは?

動画編集プロ

このソフトはとてもお手頃な価格のソフトなのに機能満載で、使い勝手も良いもので、素材となるデータは、各種DVカメラで撮影した映像や、アップル系のデバイスやアンドロイドデバイスの映像、各種デジカメの静止画・動画データのほか各種フォーマットの動画データ・音声データを取り扱っています。

出力フォーマットも、WMVやMP4はもとより、AVI、MOV、FLVなど各種フォーマットに対応しており、デバイスに合わせた出力やYoutube・Facebookへのアップロードなど、シーンに合わせた最適な出力方法を簡単に設定して作成することができます。

もちろん編集機能もかなり高度で、再生スピード調整や画面の回転、データの分割・結合、テキストやクレジットの追加はもちろん、各種フィルタリングやトランジションの追加、モザイクを掛けたり、指定した顔を自動で認識して他の画像に置き換えたり等、かなり凝ったことが可能です。

動画編集

それで「トリミング」はどうするの?

必要な個所を切り出す「トリミング」ですが、この動画編集プロでは「クロップ」と呼んでいます。部分の拡大や、ビデオフレームサイズの変更ができます。

このクロップという作業はいたって簡単です:

まず、素材となる動画データを取り込み、タイムラインにその動画を移動させ選択、直上にあるメニューの鋏マークを右クリックして「クロップ」を選びます。

そして、動画画面の上にトリミング枠が表示されるので、その枠をクロップしたい場所にマウスでドラッグし大きさを調整して完了です。

最後に、そのシーンを出力(書き出し)するだけです。

動画クロップ

ご注意のところがあるよ!

このように、簡単に数ステップでクロップできますが、もちろんいくつか注意すべきこともあります。

1.初めに、クロップした動画を、出力(書き出し)前にプレビューをしてください。クロップ作業をした画面だけでは、動画全体として必要な個所を残せているとは限らないので、必ずプレビューして、必要なところが動画全体として切り出されているかを確認してください。プレビュー画面は、作業をしている同じ画面上で確認できるので、すぐに見ることができます。

動画をプレビュー

2.クロップした動画部分のサイズをアスペクト比に合わせて拡大・縮小の調整をしなかったり、元の動画データと、加工後の動画データのアスペクト比がそもそも合致しないと、16:9のワイドスクリーンサイズ(1920×1080、1280×720、704×396、720×480等)と4:3のそれまでのサイズ(1280×960、640×480、320×240等)の違いで、最終的にゆがんだ動画や左右もしくは上下が動画になってしまいます。

動画解像度

3.画質も大事な要素ですので、元の画像データの解像度が高いことが重要な様相ではありますが、書き出し時のフォーマット(MP4なのか、AVIなのか、MPEGなのか等)によっても大きく左右されますので、クロップした動画データは、更に画質補正を掛けたり、出力時のビットレートやフォーマットの設定などで、できるだけ画質を落とさずにファイルサイズが圧縮されるように調整をしてください。

動画編集

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :


ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > 動画結合・分割・圧縮 > 必要なところだけを切り出し!動画でもできる!

サイトマップ

Top