iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

ムービーメーカーにMOV形式の動画を取り込み、編集します

Windows7以降、標準でWindows ムービーメーカーはPCにインストールされていませんが、マイクロソフトのホームページから、Windows Essentials 2012をダウンロードし、インストールする際に、ムービーメーカーの最新版をインストールすることができます。 そしてこの最新版のWindows ムービーメーカーであれば、直接MOVフォーマットのデータを取り込むことができます。

Part 1: ムービーメーカーでMOV(Quicktime)を編集します

Windows ムービーメーカーを立ち上げると、上一列にメニュータブが配置され、左にプレビュー画面、右がタイムライン、という画面構成になっています。

windows movie maker mov

Step 1 メニュータブの「ホーム」にある「ビデオおよび写真の追加」をクリックします。

Step 2 取り込みたいMOVフォーマットのデータがある場所まで開いて、データを選択したら「開く」をクリックします。

この画面で、拡張子の選択のプルダウンメニューの「ビデオおよび写真」もしくは「ビデオ」を見ると、きちんと「*.mov」とあるのがわかりますね。

Step 3 画面右側のタイムラインに、MOVデータがインポートされます。

MOVフォーマットのデータはこのように簡単にインポートすることができます。

直接ビデオカメラからインポートしたい、という場合には、PCとビデオカメラを接続してどちらも立ち上げておき、「ファイル」→「デバイスからの読み込み」を選択して、接続されたビデオカメラ名が表示されるので、そこからインポートしたいデータを選択します。

もう少し簡単な方法としては、直接ドラッグアンドドロップする方法があります。 これは、タイムライン上に、PC上のデータを直接ドラッグアンドドロップしてくるというやり方です。

しかし、これはあらかじめMOVフォーマットのデータをWindows ムービーメーカーでインポートすることができるとわかっているためにできる方法であって、このWindows ムービーメーカーは、対応するデータのフォーマットにかなり限りがあるのが少しがっかりなところです。(とはいえ、Windows XPの頃のムービーメーカーやWindows Live ムービーメーカーなどに比べたら、対応するファイルのフォーマットの種類は格段には増えていますが、今のこのご時勢の動画データのフォーマット乱立期においては、不十分に思えます。)

Part 2 もっと使いやすいソフト-「Filmora 動画編集」でMOVを編集

一方、ファイルをインポートする際に、そのフォーマットを気にせずに作業できるのが、「Wondershare Filmora 動画編集 プロ」です。

video editor

一頃のデジタルビデオブームは過ぎたとはいえ、それだけ一般家庭に高品位高機能のデジタルビデオカメラが普及しているので、そのメーカーによって録画されたデータのフォーマットもまちまちなところに対応するに際し、さっそく編集しようという時になってソフト側が対応していない、なんていうのは残念です。

そんな心配をせずにこの「Wondershare Filmora 動画編集」は作業を進められるんです。

取り込み可能なファイル形式はAVI、DV、NUT、H261、H264、FLV、MKV、MP4、3GP、MOV、MPEG、VOB、DATなどたいていの動画フォーマットに対応しているので、心強い限りです。動画フォーマットだけでなく、画像フォーマットもJPG、JPEG、BMP、PNG、GIF、DIB、TIF、TIFFなどたいていのフォーマットを、何も心配せずにインポートすることができる優れものです。

インポートの仕方としては、ドラッグアンドドロップでも可能ですし、「追加」というプルダウンメニューのボタンがあるので、「メディアファイルをインポート」や「カメラまたは携帯電話からインポート」など、データの保存先からインポートする方法をとることもできるので、こちらもシンプルです。

しかもインポートした後の編集機能も、高価格の動画編集ソフトのような凝った編集ができるのも魅力的です。

win版ダウンロード   Mac版ダウンロード

ホーム > 製品活用ガイド > 動画や音声の加工編集 > ムービーメーカー 編集 > ムービーメーカーにMOV形式の動画を編集

サイトマップ

Top