iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Windows7 ムービーメーカー:映像をDVDに書き込む方法 

Windows7 ムービーメーカーで、撮りためていただ動画データを整理して、自分好みに編集した動画データは、しっかりDVDに書き込んで保存、みんなで見て楽しみたいですよね。一通りの編集作業が終わってプレビューもして、満足のいくデータができたら「ムービーの保存」です。

動画編集を始めたばかりの方は、「プロジェクトの保存」さえしたら作業は完了したと思い込んでしまうことがあると思いますが、あくまでもそれは編集作業自体を保存するという意味ですのでご注意を。

ではその手順をご紹介します。

Part 1: Windows7 ムービーメーカーでDVD作成

Step 1 一番左のメニューから「ムービーの保存」を選択

注意:ツールバーの「ホーム」右端の方にある「ムービーの保存」からもいけます。

詳細メニューには保存と名の付くものは「コンピュータに保存」「CDに保存」しかないです。他の項目は「送信」。そう、ここが一番気を付けないといけないところですが、Windows ムービーメーカーではそのバージョンによっては直接DVDに書き込むことができないんです。

Windows7 ムービーメーカー dvd

ヒント:Windows Vistaに入っているムービーメーカーの場合は、出力先として「DVD」の選択ができ、そこからWindows DVDメーカーにデータを送ることができるので、DVDに書き出すことができます。

Step 2 一度PCに保存したデータを別途ライティングソフトなどでDVDに書き出し

つまり、Windows7 ムービーメーカーでは、直接DVDに焼くのではなく、出来上がった動画データを一度PCに保存し、その後ライティングソフトを使ってDVDに焼く、という2段階での操作となります。

どうせなら一度に一気にDVDに焼く作業を完了させたいですよね。そこでおすすめしたいのがWondershare Video to DVD 2です。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

Part 2:Wondershare Video to DVD 2でDVDを焼く方法

このソフトは、動画・画像データを取り込んで、簡単な作成(メニュー追加や、BGMをつけたり、テキストデータを重ねたり)ができ、そこからDVDにやあいていくことできるソフトです。

Windows7 ムービーメーカー dvd

1.素材となるデータを取り込んで編集が済み、プレビューして問題なければ、ウインドウ上部のメニューバーにある「DVD作成」をクリックします。

Windows7 ムービーメーカー dvd

2.ウインドウが別途立ち上がるので、以下の内容を設定します。

作成するDVDの名前を付けます。保存先を設定します。DVD作成か、ISOイメージとして保存するか、DVDフォルダーを作成するかを選択します。(今回はDVDに焼くのを前提にしているので、「DVD作成」にチェックします。)

Windows7 ムービーメーカー dvd

3.「DVD作成」をクリックします

この後しばらく書き込み作業が進み、ウインドウが開いて「DVD作成が完了しました」と表示されればDVDへの書き込みは完了です。

この表示が出ているウインドウ内で「プロジェクトを保存」することができるので、Windows7 ムービーメーカーでやりがちな、データを保存したつもりがプロジェクトだけを保存していた、なんてことを防ぐことができます。プロジェクトを保存しなければ、この画面で「終了」をクリックします。

Windows7 ムービーメーカー dvd

このように、わざわざライティングソフトを別に用意することなく、DVDに焼くことができます。

Video to DVD 2は、素材データの取り込みもドラッグアンドドロップで簡単にでき、編集も、動画のクロップや回転、字幕をつけたりするのはもちろん、メニュー追加してチャプターを作り、ただ右から左にデータをDVDに焼くのではなく、ちょっとした作品にしてDVDに直接焼いてくれる便利なソフトです。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :


サイトマップ

Top