iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

写真をフィルターで加工できるアプリ&ソフトの紹介-フィルター効果で写真を多彩に飾る!

写真に文字入れをしてみたけど何か物足りないと感じている方が増えているのですが、その方達の要望に答えてくれるソフトにフィルターを使用して画像を編集するという方法があります。
フィルターとは写真の背景や全体を特殊加工する方法で、同じ写真でも大きな違いを見せる事ができるのです。
例えば、可愛らしく見せいたい場合はピンクのフィルターを使用して、全体的にピンクに見えるようにして対応する事が出来ます。
また、独特なデザインにしたいと考えている方であれば、ガラス模様にしたり、木目模様にしたりという事が可能になります。
この状態に文字入れをすると更に写真の味を出す事が可能になるので、文字入れと同時に写真のフィルター加工を覚える事をお勧めします。

写真をフィルターで加工できるアプリ&ソフトの紹介「PhotoMovie Studio 6 Pro」

写真のフィルター加工をする場合は対応しているアプリやソフトを使用する必要があるのですが、代表的なソフトとして『PhotoMovie Studio 6 Pro』があります。
PhotoMovie Studio 6 Proは本格的な写真の加工をしてくれるソフトで、初心者でも使用できる仕組みで作業を提供してくれます。
PhotoMovie Studio 6 Proは外部からえたフィルターも導入する事ができるので、もし足りないと思った時は外部のフリー素材からフィルターを持ってくる事が出来ます。
更にPhotoMovie Studio 6 Proはフィルターを入れる前と入れた後をプレビューできるので、自分のイメージと近いフィルターを見つけて適応する事が出来ます。
またPhotoMovie Studio 6 Proは体験版であれば、無料で使用できますし、もっと本格的に使用したいと思っている方であれば、製品版を購入するという考え方ができます。
自分に合わせた使用の仕方ができる事もPhotoMovie Studio 6 Proの魅力となっています。
PhotoMovie Studio 6 Proで作り方を紹介します。

ステップ1

『PhotoMovie Studio 6 Pro』をパソコンにインストールしてアプリケーションとして使用できるようにします。

windows版ダウンロード  Mac版ダウンロード

ステップ2

PhotoMovie Studio 6 Proを立ち上げて、フォトムービーモードを選択します。

フォトムービーモードを選択する

ステップ3

写真の追加をして、入力というタブをクリックします。そこにフィルターとあるのでクリックすると内蔵してあるフィルターが一覧で表示されます。
そのフィルターを1個1個選択しながら、仮で適用されていくので、それぞれのフィルターを確認します。 その中から自分の気に入ったフィルターを選択して、適用するとフィルターの対応が完了になります。
ただフィルターを選んで、自分の理想と合ったものを探して適用するだけなので、時間的には数分で完了します。

フィルターをつける

『PhotoMovie Studio 6 Pro』を利用すると天体のような写真を作るためのフィルター適用ができますし、モノクロ風の写真のフィルターもできますし、赤外線を適用した写真のフィルターも適用できます。
風景を綺麗にして写真の見栄えを良くするにはフィルターが欠かせないので、ソフトを使用して対応しましょう。
特に写真のフィルターは写真を加工してくれるアプリのフィルターや写真にフィルターをかけれるフィルターのソフトが欠かせないので重点を置きましょう。
写真にフィルターで加工すると写真を加工したフィルターが綺麗に見えるので、フィルターの写真が魅力的になります。
写真のフィルターはアプリを使用して本格的に対応しましょう。

windows版ダウンロード  Mac版ダウンロード
購入 PhotoMovie Studio 6 Pro(Win版) 購入 Fantashow(Mac版)
ホーム > 製品活用ガイド > ムービー・スライドショー作成 > フォトムービ作成 > 写真をフィルターを利用して加工する方法

サイトマップ

Top