iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhotoでスライドショーを作成する方法

iPhotoでスライドショーをiDVDに送信で、movファイルにしてiDVDからDVDを作成したのですが、DVDの画質が低くなったことはよくあります。iDVDの環境設定で処理速さ優先を画質優先に変えても、あまり効果はありません。iPhotoのスライドショーで見たときのような写真を解像度の良いDVDを作成することは無理なのでしょうか?

そこで、この記事では、基本的にiPhotoのスライドショーが綺麗な画質のままDVDに焼き方法を紹介しています。今回は、「DVD Creator (Mac版)」というDVD作成するソフトがお勧めです。

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

「DVD Creator (Mac版)」の一番大きいな特徴は、面倒なオーサリング作業を意識せず、初心者でも簡単に、シンプルな操作で大量の動画を一枚のDVDにできるということです。さらに、3ステップでiPhotoでスライドショーをDVDに作成できます:

ステップ1 ファイルの追加(映像、写真、スライドショー、ビデオ、映画など)

プログラムを起動した後、メインインターフェイスを入力するには「新規プログラムの作成」を選択します。ビデオをDVDに書き込みするにはファイルをロードする必要があります。

iphoto,idvd,スライドショー

ステップ2 ファイル/ビデオ/スライトショーの編集

ファイルを強調表示し、編集インターフェイスを入力し「編集」をクリックしてください。編集機能は、ビデオやスライトショーの両方に使用可能です。ビデオや映画に回転クロップ、複数のトリム、エフェクトの調整、透かしを追加し編集することができます。

iphoto,idvd,スライドショー

ステップ3 DVDメニューの選択

メインインターフェイスの右下の編集ウィンドウに入り「メニュー」ボタンをクリックします。事前に設定したアニメーションまたはテンプレートを選択します。選択したのがアニメーションであろう、テンプレートであろう両方をカスタマイズすることが許されています。

iphoto,idvd,スライドショー

ステップ4 MacでDVD作成開始

Mac用「DVD Creator」はDVD,ISOファイル、DVDフォルダ(Video_TS) とdvdmediaファイルの四つの出力選択肢を提供しています。自身のニーズに応じて出力形式を選択し、適切な出力パラメータを設定し、ファイルの書き込みを開始します。

iphoto,idvd,スライドショー

さまざまな楽器の音色を組み合わせ、自分の好きな音楽を作って、インターネットで配信したり、デジタルカメラから取り込んだ写真を合わせてスライドショーにしたり、或いは写真や映像を美しく編集してからWebページで公開するといった、一見難しそうなこともことも「DVD Creator (Mac版)」を用いれば、iPhotoでスライドショーをDVDに作成を簡単に実現することができます!

win版ダウンロー Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > topic > DVD作成 > iPhotoスライドショーをiDVDでDVDに

サイトマップ

Top