iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

消えたiPhoneのデータを復元!iBackupBot

iOSのアップグレードや、iTunesでの同期で予期せぬエラーに見舞われiPhoneデータが消えてしまった!
そんなことはありませんか?
そんな時にもう一度iTunesで同期するのは二の足を踏みますよね。

ではiTunesなしでiPhoneを復元することは出来るでしょうか?
そんなピンチに使ったみたい復元ソフト「iBackupBot」をご紹介します。

▲iBackupBot

iBackupBotはパソコン内に存在するバックアップファイルからデータを復元するツールです。 シェアソフトですが無料の試用版があります。

ibackupbot

セットアップアイコン をWクリックしてインストーラを起動します。 変更を許可し、言語を選択。 「次へ」をクリックしてインストールを開始します。

ibackupbot

ライセンス契約書に同意し、インストール先を選択して「次へ」をクリック。 スタートメニュー フォルダを選択して「インストール」をクリックすればインストールが開始されます。 無事インストールされました。

ibackupbot

完了をクリックすると自動的にiBackupBotが起動します。 ソフトが立ち上がると自動的にパソコン内にあるiOSデバイスのバックアップファイルを検索します。 少し時間がかかる場合があります。 読み込んだら左の「Backups」にパソコン内で見つかったバックアップファイルが表示されます。 復元したいファイルを選択しクリックするとバックアップの詳細が表示されます。

ibackupbot

ちなみにUser Information(履歴などの情報)の項目・・・

Contacts →連絡先

Messages →メッセージ履歴

Call History →発着信履歴

Calendars →カレンダー

Notes →メモ

Recent Email Address →発着信番号と送受信メッセージの番号

Safari Bookmarks →Safariのブックマーク

Safari History →Safariのアクセス履歴

ibackupbot

Multimedia Filesの項目は・・・

Camera Roll →カメラロール

Voice Mails →留守番電話の音声ファイル

Voice Memos →ボイスメモ

Other Multimedia Files →メッセージ添付の画像など

ibackupbot

復元するには上部に並ぶアイコンの左から6つめのスマホ(?)に矢印のアイコン「Restore Backup」で復元できます。

この復元ソフトに関しては重要な注意点があります。

この復元ソフトを使えば例えば他人のバックアップデータを入手することも可能なのです。 出来ればバックアップする際にはデータを暗号化しておきましょう。 他人や共用のパソコンで充電する際にはロックしておく、「信頼」をタップしないなど自分でデータを守りましょう。


もうひとつiOSデバイスのバックアップ/復元などのデータ管理が出来るソフトをご紹介します。

▲TunesGo Plus

このソフトはiTunesのパートナーといった役割のソフトですがiTunesを介することなくiPhoneのバックアップや復元ができるため、iTunesのアップデート時のエラーや同期の際のデータ消失といった思わぬアクシデントを心配することもありません。

こちらのソフトもシェアソフトですが無料の試用版があります。

ソフトを起動しデバイスを接続します。「iTunesからデバイスに音楽を転送」をクリックします。

tunesgo

ライブラリ全体を転送するか、プレイリストを選択して一部だけ転送するかを決めて「転送」をクリックします。

tunesgo


TunesGo Plusでバックアップ/復元できるのは音楽や動画、ポッドキャストなどのマルチメディアのみです。
そのかわり音楽に関してはiTunesでは出来ないYouTubeなどからの音楽・動画のダウンロードや、Androidデバイスとのデータ転送など便利な機能満載です。

iOSデバイスの写真や連絡先、SMSの管理には同じWondershareのTunesGoが最適です。
こちらも無料の試用版がありますので一度ためしてみてはいかがでしょうか?

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > iOSデータ管理・移行 > iOSデータ管理 > 消えたiPhoneのデータを復元!iBackupBot

サイトマップ

Top