iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhoneなどでよく利用するソフトウェアとしてiCloudなどが有りますよね?iCloudにはiPhoneのデータ等のバックアップをしておくと非常に便利です。バックアップさえ取っておけばiPhone本体に不具合などが起きてデータを無くしてしまっうような事態になっても簡単に復元を行うことが出来ます。
そんな便利なiCloudですが、もうすでに使わなくなった端末やすでに所持していない端末などのバックアップがある場合、少し邪魔になってきてしまいます。例えば新しい端末を購入して古い端末は引退などということになった場合ですね、そういった場合古い端末のバックアップはストレージ節約のために退場して頂くということも有ります。
では、どのようにして昔の古いiCloudバックアップ情報を削除するのかですが、いくつか方法があります。


1.iOS端末で削除する

iOS端末自体を利用して設定からiCloud、そしてスレとーじとバックアップと進んで容量の管理を開きバックアップのところから不要なIOSデバイス名を選んで削除するという方法が一つです。

2.Macを利用して削除する

Macを利用する方法で、iCloudの環境設定から管理、バックアップと進み不要なiOSデバイスを削除します。

3.Windowsを利用して削除する

Windowsを利用したバックアップの削除方法で、iCloudのコントロールパネルを開き管理、バックアップ、削除とあまりやることは変わりないです。
このように古いバックアップ情報を削除することができます。ちなみに、バックアップ情報が見当たらない場合は、バックアップがないので何もしなくて大丈夫です。

iCloudバックアップファイルをPCへダウンロードする

バックアップファイルを今後再度利用するかもしれません、削除したくないとき、

これらのバックアップをダウンロードしてPCへ保存できます。それを実現するために、「Dr.Fone for iOS」というソフトがオススメです。iphoneのデータを間違えて削除された場合、この「Dr.Fone for iOS」もお役に立てます。
お使いのパソコンによっては、Win版またはMac版の商品をダウンロードして無料体験してください。

win版ダウンロード       Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

ダウンロードする方法をご説明します。

Dr.Fone for iOSを起動します。

②ソフトメイン画面の「iCloudバックアップファイルからリカバリー」をクリックして、iCloudアカウントにサインインして、「→」ボタンをクリックします。

③復元したいブックアップファイルを選択して、右の「ダウンロード」ボタンをクリックします。

④ダウンロードが完了した後、自動的にスキャン画面に入ります。スキャンが完了した画面で、右下の「復元」ボタンをクリックして、すべてのデータを復元します。
一部ファイルのみを復元したいとき、左側にカテゴリ別に選択して、復元できます。


上記の簡単な操作でiCloudバックアップファイルをPCへダウンロードしました。 その後、安心に端末のバックアップファイルを削除してください。

もちろん、Dr.Fone for iOSというソフトはデータをPCへ移動する機能だけではなく、誤って削除してしまいましたデータを復元することもできます。とても便利なソフトウェアですから、お勧めします。

win版ダウンロード       Mac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :


ホーム > 製品活用ガイド > スマホデータ消去・削除・抹消 > iPhoneデータ抹消 > 古いiCloudバックアップデータを削除する方法

サイトマップ

Top