iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MacでiPhoneをバックアップ-iPhoneの大切なデータをMacにバックアップする方法

Part1.MacでiPhoneをバックアップする必要性

iPhoneと相性がいいパソコンにMacがありますが、こちらを利用することで大切なiPhoneのデータを守る事が可能になります。
そのためiPhoneのバックアップをMacデする事は欠かせない事でもあり、念のため大切なデータを守るためにバックアップ対応をしておく必要があるのです。
またiPhoneは多機能機種であることから様々な操作をしている過程で、間違えて誤削除してしまったという事もありえる機種のため、バックアップをする事はそういった事態からiPhoneを守る事にも繋がるのです。
ですが実際にMacでiPhoneのバックアップをとる方法ってどうやって対応するのと悩んでいる方が多いと思うのですが、そんなiPhoneをMacを通じてバックアップを取得する方法を紹介します。

Part2.Dr.Fone for iOS(Mac版)でiPhoneをバックアップする

まず、Wondershareの Dr.Fone for iOS(Mac版)と呼ばれるソフトを使用したiPhoneのバックアップデータをMacでバックアップする方法になります。
こちらはMacパソコンが必要になりますが、その分、沢山のバックアップを取得する事が可能となっています。
MacでiPhoneをバックアップしたい場合、まずは以下無料体験版をダウンロードしましょう。

Mac版ダウンロード   win版ダウンロード


iPhoneデバイスをMacに接続する

ステップ1.iPhoneデバイスをMacに接続してください。

iPhoneをMacに接続後、メイン画面の「iPhoneデータのバックアップ&保存」機能をクリックしてください。




バックアップしたいデータを選択する

ステップ2.バックアップしたいデータを選択してください。

Macにバックアップしたいデータを選択して、「バックアップ」をクリックしてください。



バックアップしたいデータの移動が完了

ステップ3.バックアップしたいデータの移動が完了。

バックアップを取得するという機能をクリックするだけで後は全てソフトが行ってくれます。

Part3.iTunesでiPhoneをMacにバックアップする方法

こちらはiPhoneの開発会社が提供しているiPhoneのバックアップツールなのですが、使用料金も無料で簡単に使用できるなど初心者にも優しいものとなっています。
しかし、同期というシステムを搭載しており、iTunesを起動してiPhoneをパソコンに繋ぐ度に同期が始まり、しばらく何の操作もできなくなります。
これがiTunesの悩みどころであり、忙しい人にとってはめんどくさいというシステムでもあるのです。
自分のバックアップを取得したいと思った部分だけバックアップしたいという方にとっては使いにくいシステムとなっています。

このようにMacでiPhoneをバックアップする方法は沢山ありますが、その中でも自分にあった方法を選択していきましょう。
特にiPhoneの連絡先のバックアップをMacで取得したり、iPhoneのSMSをバックアップをMacで対応したいと考えている方は、Dr.Fone for iOS(Mac版)を利用する方が使いやすいのです。
どの方法を選んでもMacでiPhoneをバックアップする事が出来ますが、時間をかけないという意味で考えるとDr.Fone for iOS(Mac版)の方が魅力的になります。
Wondershareの Dr.Fone for iOS(Mac版)は体験版もありますので、まずはその魅力的な機能を体験してから自分に合ったものを選択していくと後悔しない利用の仕方が可能になります。

Mac版ダウンロード   win版ダウンロード


ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iPhoneバックアップ復元 > iPhoneの大切なデータをMacにバックアップ方法の紹介

サイトマップ

Top