iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhone脱獄の失敗により起こったリンゴループの対処方法

iPhoneでできる事を増やす方法として欠かせないのがiPhoneの脱獄と呼ばれるiPhoneでできる事を増やす方法になります。
iPhone脱獄といっても難しい操作はなく、iPhoneに脱獄専用のソフトをダウンロードして、そのソフトを実行するだけでその効果を引き出す事が可能になります。
しかし、怖いのはiPhoneの脱獄を失敗して、一切の操作を受け付けない状態になった時の対応になります。 脱獄は失敗しないという保証はなく、インストール中の不具合など色々な要素の元失敗してしまうという事がありえるのです。
そのため、iPhone脱獄失敗したらという事を考えておく必要があり、その対策も知っておく必要があるのです。

Part 1:iPhone脱獄が失敗して、リンゴループになってしまった

りんごループ

ここで、一般的なiPhone 脱獄のリンゴループの例を出していきたいと思います。 iPhoneに脱獄アプリをインストール後、起動して実行中に内蔵充電が切れてしまって勝手に電源が落ちて作業中にiPhoneが使えなくなって、改めて起動したらリンゴループになっていた。
iPhoneで脱獄アプリ実施中に不具合が起こってしまい脱獄対応が上手くいかず、途中で強制的におかしくなり、リンゴループになってしまった。
このように普通にiPhoneの脱獄操作をしていても何かの拍子に失敗してしまう可能性があり、もしもの時の対応を考えておく必要があります。

Part 2: iPhone脱獄の失敗により起こったリンゴループの一般対処法

アイホン復元

ではどうしてリンゴループが発生してしまうのかという事になるのですが、それはiOSのシステム構成を変更して最後まで対応できなかったためにシステム構成ができずシステムを起動できなくなり、最終的にリンゴマークが出てはシステム起動失敗して、またリンゴマークが出るのです。
ですが、この原因をよく見てみるとシステム構成を元に戻せばいいのではという考えになるかと思います。
今回は、iPhoneが脱獄失敗により起こったリンゴループのよく使われる対処法を紹介します。
セーフモードで再起動してみることです。
具体的には、電源ボタンを長押しし一旦iPhoneを終了させ、「音量ボタン(+)」を押しながら電源をオンにするとセーフモードで起動することができます。
セーフモードとは、アプリを起動せず、OSとシステムに組み込まれたアプリケーションだけを起動する状態のことです。これにより解決することがあります。

上記方法でまだiPhoneをりんごループから解除しない場合、復元ソフトのDr.Fone for iOSを用いることで、再度IOSを入れ直す作業ができるようになっています。

Part 3: Dr.Fone for iOSでリンゴループを解除する手順

PCにiPhoneを繋いでiOSデバイスから復元

Step 1 脱獄失敗によりリンゴループになったiPhoneを接続

まずパソコンにDr.Fone for iOS (Windows版)をインストールしてアプリケーションとして起動できるようにします。
その後、Dr.Fone for iOSを立ち上げて、脱獄失敗によりリンゴループになったiPhoneをパソコンに接続します。

ファームウェアーをダウンロード

Step 2 脱獄失敗によりリンゴループになったiPhoneに相応したファームウェアーをダウンロード

「iOSを通常の状態に修復」「開始」ボタンをクリックすると、脱獄失敗によりリンゴループになったiPhoneに相応したファームウェアーをダウンロードする提示が出てきます。

ファームウェアーをダウンロード

Step 3 脱獄失敗によりリンゴループになったiPhoneを復元中

脱獄失敗によりリンゴループになったiPhoneに相応したファームウェアーをダウンロードした完了後、ソフトは自動的にそのファームウェアを確認します。
確認した後、修復が開始します。復元中、何分間かかりますので、終わるまでお待ちください。

これで、iPhoneを再起動すると元の状態に戻った状態で起動するので、正常に起動する事が可能になります。何より、データはそのまま損失なしでとても良かったと思います。

このようにiPhone脱獄が失敗して、リンゴループになってもDr.Fone for iOSを使用すると元に戻す事が可能になります。

ホーム > 製品活用ガイド > iPhone/iPad/iPodデータ復元 > iCloud復元 > iPhone脱獄の失敗により起こったリンゴループの対処方法

サイトマップ

Top