iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhone7・7 Plusバックアップ-iPhone7・7 Plusのデータをバックアップする3つの方法

iPhone7・7 Plusは更に魅力的なアプリが実装されており、沢山の容量のデータを保存される方も多いかと思いますが、気になるのはそのデータが消えてしまった場合の対応になります。

特に今回から実装されるiメッセージは端末に縛られずに使用できるので、もし消えてしまうと全ての端末で使用できなくなるのです。

他にも電話帳などの大事なデータ等日常生活に影響を出してしまうデータの誤削除もあるので、バックアップ対応は必要なのです。

そんなiPhone7・7 Plusでバックアップする方法ですが、現在3つの方法がありますので、詳しく紹介します。

iPhone7をiTunesでバックアップする方法

    こちらの方法が一番簡単ですが、同期という時間がかかるバックアップ方法となっています。

    対応方法としてはiTunesをインストールしているパソコンにiPhone7・7 Plusを接続するだけで同期が始まります。 毎日充電も含めて、iTunesをインストールしているパソコンに接続すると気軽に対応できます。

iPhone7をiCloudでバックアップする方法

    基本はiTunesと同じ仕組みとなっておりますが、クラウドというサーバーの保存するのでログインするという作業が必要になります。

    サーバーに保存するのでデータの安全面が強化されますが、サーバーに保存する分手間が増えてしまいます。

    どうしても安全面を強化したいと考えている方は、こちらの方法でバックアップを取得しましょう。

「Dr.Fone for iOS 」 の「iPhoneデータバックアップ保存」機能でiPhone7をバックアップ

こちらの方法は同期がないので、iTunesのように同期がないので短時間でバックアップが出来ます。

更に自分のバックアップしたいデータを手動で選択できるので、効率がいいバックアップ方法となっています。

自分の好きなようにバックアップしたいやバックアップに時間をかけたくないという方はこちらの方法を活用しましょう。

「iPhoneデータのバックアップ保存」に入り、バックアップしたいデータを選択

ステップ1.「iPhoneデータのバックアップ保存」に入り、バックアップしたいデータを選択

iPhone7をPCに接続後、メイン画面の4番目の「ツールボックス」を開き、「iPhoneデータのバックアップ保存」ボタンをクリックします。

パソコンにバックアップしたいデータのタイプを選択します。

データを分析、バックアップが開始

ステップ2.データを分析、バックアップが開始

「バックアップ」をクリックすると、iPhone7上のデータを分析し始めます。

分析が完了後、データのバックアップが開始します。

「PCに保存」を選択

ステップ3.「PCに保存」を選択

データのバックアップが完了しまして、「PCに保存」をクリックすると、データを全てパソコンにバックアップ保存することができます。

このようにバックアップ方法は沢山ありますので、自分にあった方法を選択して後悔しないバックアップ方法を選択しましょう。

特にバックアップは後で間違えて削除してしまった場合に復元する時にお世話になるので、拘りを持って対応することで復元が楽しくなります。

また、復元する場合は単体でグループごとに対応するソフトがiTunesやiCloudになるので、復元する場合は自分のスタイルにあわせて復元したいという場合は「Dr.Fone for iOS」というソフトが良いでしょう。

win版ダウンロー   Mac版ダウンロー

購入 Dr.Fone for iOS(Win版)購入 Dr.Fone for iOS(Win版) 購入 Dr.Fone for iOS(Mac版)購入 Dr.Fone for iOS(Mac版)

ホーム > 製品活用ガイド > iPhone新機種関連 > iPhone7 > iPhone7・7 Plusのバックアップの対応方法

サイトマップ

Top