iPhotoを使ってカレッジを作る方法

普通多くの人がバースデイパーティーや夏休みの旅行やクリスマスパーティーなどのようなイベントの写真をたくさん貯めてるはずです。それらの写真で面白い個人のフォトカレッジを作ったり、それをブログやフェイスブックに載せたりするのはいい事だと思います。しかもそれらの写真をデジタルフォトフレームに追加したり、実際の写真に現像したりする事もできます。マックユーザーにとってiPhotoはフォトカレッジを作るのにとても便利なツールです。

しかし、iPhotoを使ってフォトカレッジを作る前に次に挙げる幾つかの大事な事を知っておきましょう。

1 iPhotoではマックフォトカレッジソフトウェアのように専門的に優れたフォトカレッジは作れません。つまりそんなに高い期待をしない方がいいです。iPhotoではカレッジのレイアウトを使って簡単なグリーティングカードが作れるぐらいです。

2 iPhotoにあるテンプレートには限りがあり、それに対してちょっとがっかりするのはごく普通です。

3 iPhotoにはシェアするというオプションがないためフォトカレッジをデスクトップにセーブしたり、フェイスブックに載せるということはできません。それはフォトカレッジのアプリケーションとしては普通です。 という訳で、もしこれがあなたも求めてるものではないなら、代わりに別のオンラインフォトカレッジサービスを使った方がいいです。

iPhotoを使ってカレッジを作る

ここでiPhotoを使ってフォトカレッジ作る簡単なステップをご紹介します。

Step 1: iPhotoを起動し、サイドメニューにあるエベントをクリックします。シフトキーを押したままフォトカレッジに入れたい写真をクリックします。

Step 2: そして左下にある➕ボタンをクリックして、出てきたポップアップウィンドウからCardを選びます。

Step 3: もしiPhoto11を使っているならAny Occasionという所にある"Pictures Collages"を選びます。そのOccasionを基に全てのテンプレートが整理されるはずです。

Step 4: 写真をテンプレートに引っ張ってきて、バックグラウンドやオリエンテーションやデザインを選びます。

Step 5: そして、右下の角にあるBuyというボタンをクリックします。その後シェアメニューに行き、自分や自分の家族などにメールします。

ここにiPhotoで作ったホリデーグリーティングカードのサンプルをご紹介します。

iphoto collage

TunesGo 購入 TunesGo(Win版) TunesGo 購入 TunesGo(Mac版)

関連記事

iPhotoライブラリマネージャを管理する方法

iPhotoは、数えきれないほど多くのフォルダの中から、写真の管理を可能にします。直接iPhotoから自分のライブラリにある写真を、簡単に探して見ることが出来ます。それから、iPhotoライブラリマネージャを管理する方法を紹介します。

17.09.2015 もっと見る

Apple TVでiPhotoスライドショーの作り方

ここでは、iPhotoスライドショーの作成の仕方と、お使いのApple TVを含めたテレビでスライドショーを再生する方法を、チュートリアルでご紹介します。まずはiPhotoを使ってスライドショーを作成する方法を紹介します。第二部分はApple TVでiPhotoスライドショーを視聴する方法を紹介します。

18.02.2017 もっと見る

iPhotoの簡単な歴史

2002年にiPhotoが、AppleからMacパソコン向けのデジタル写真操作ソリューションとして発売されました。管理ソフトウェアの開発を待っていたAppleユーザーは、ついにインハウス写真管理とデジタルイメージをインポート・保存・まとめ・編集・共有・印刷出来るアプリケーションを利用出来るようになりました。

08.09.2015 もっと見る
ホーム > 製品活用ガイド > iOSデータ管理・移行 > iPhoto > iPhotoを使ってカレッジを作る方法
Top