iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iTunesバックアップから音楽のみiPhoneに復元する方法

iPhoneは新型が出るスペースが早く、なかなか新機種に変える機会が持てないという方いると思います。 iPhoneは約1年ごとに新機種を出すので、現在の新機種であるiPhone 6/6 Plusに移動を決めた時には、iPhone4という人もいると思います。

そんな古いiPhoneから最新のiPhone 6/6 Plus変更する際のデータ移動について紹介します。

方法1.iTunesを経由して転送

iTunesで古いiPhoneからiPhone 6/6 Plusにデータの移動するひとつの方法になります。

iTunesはもともとiPhoneのパソコン用バックアップツールなので、MacのパソコンにiTunesをインストールしてiPhoneを繋ぐだけですぐにバックアップを始めてくれます。

そして、新しいiPhone 6/6 Plusを繋ぐ事で、データの移動が可能ですが、OSが古いという事もあり、一部使用できない物が出てくる可能性があります。 しかし、iPhoneが古くてもほとんどのデータを移動可能です。

iTunes

iCloud

方法2.iCloudで転送

iCloudはネット上に自分のサーバーを設けて、そこに自分のiPhoneのデータをバックアップする形になります。

使い方は登録して、自分が使用するサーバーを作成して、そこに自分のデータを入れ込むだけになります。

iTunesのサーバーバージョンと考えてもらうと分かりやすいかもしれません。

そのため転送の効率についてはiTunesと変わらないのですが、パソコンがなくてもiPhone単体で可能なので、パソコンがないという人でも快適に使用できます。

方法3.Mobileデータ移行(Mac版)

Mobileデータ移行(Mac版)はパソコンにインストールしてすぐに使用できるソフトなのですが、最適化を対応してくれる携帯から携帯にデータを転送する方法があります。

勿論間にパソコンが入るので、パソコンは必要になるのですが、非常に使いやすい環境を提供してくれます。 古いiPhoneからiPhone 6/6 Plusに移動する際の心配がなくなるので、データ移動については最適なソフトです。

iTunesとiCloudとMobileデータ移行(Mac版)を比較すると古いiPhoneからiPhone 6/6 PlusにMacのパソコンを通じてデータを転送する場合、安全性を考えるとMobileデータ移行(Mac版)が欠かせません。 データを最新版に最適化して移動してくれるシステムは非常に魅力的です。

Mobileデータ移行

Mac版ダウンロー win版ダウンロー

ホーム > 製品活用ガイド > スマホデータ転送・移行・引越 > iPhoneからiPhoneへ > 古いiPhoneデータをMacで最新のiPhone 6/6 Plusに移動する

サイトマップ

Top