iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPod Classic音楽をiTunesに入れる方法

音楽を聴くことは、周りの雑音を消したり、リラックスしたり、気分を盛り上げたりすることができる有効な手段の一つであると思います。その中で、今まで音楽を聴く手段として、iPod classicを使用して、音楽を楽しんでいらっしゃる方も多いと思います。

iPod classicの販売が停止となり、最近はiTunesで音楽を聴く方も多くなっています。iPod classicに音楽がダウンロードされており、パソコンのiTunesにも音楽がダウンロードされ、ひとつにまとまればいいのにと思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。iPod classicにダウンロードした音楽をiTunesで聴く方法はないのかと思っていらっしゃる方も多いと思います。そんな皆様に朗報です。

TunesGo Plus(Win版)を利用すると、iPod Classicの曲をiTunesに入れることが可能

WondershareのTunesGo Plus(Win版)」(Mac版もあります。)を使うと、iPod classicの曲をiTunesに入れることができます。もちろん、iPod classicにダウンロードされている音楽すべてを一括でiTunesに転送することもできますし、曲を選び、1曲でも転送することもできます。自由に自分で使い方を選べるので、とても便利です。

早速にTunesGo Plus(Win版)』の無料体験版をタウンロードして、その素晴らしい機能を体験しませんか

iPod classicの音楽をiTunesに入れる方法

初めて使うソフトは、セキュリティが気になり、ダウンロードもインストールも心配で、なかなか購入しにくく、購入して説明書を読んでも、難しい用語を知っ ているのが前提のように書かれていたり、用語が英語やカタカナで書かれていて、理解するのもひと苦労で、何とか使用してみたものの、よくわからないうちに できたけれど、次回から使いこなせるのか自信がないという経験をされて方もいらっしゃるのではないでしょうか。せっかくソフトを購入しても、使いこなせな いのでは、もったいないと思われると思います。WondershareのTunesGo Plusは専門知識がない方でも安心して、簡単に操作いただけるソフトです。

ステップ1:『TunesGo Plus(Win版)』をインストールし、iPod classicをパソコンに接続する

①インストールすると自動的に「Wondershare TunesGo Plus」というアイコンが作成されます。このアイコンをダブルクリックすることにより、ソフトが起動を開始しますので、USBケーブルでiPod classicとパソコンを接続していただきます。


ipod音楽転送

ステップ2:iPod classicのプレイリストをiTunesに転送する

① 赤枠の「デバイスからiTunesへ」をクリックします。


ipodclassic音楽転送

② 赤枠の「開始」をクリックします。

ipodclassic音楽転送

③転送したいデータを選択して、「iTunesに転送」をクリックすると、データ転送を開始します。

ipodclassic音楽転送

iPod classicからiTunesに一部の音楽へ転送

①USBケーブルでiPod classicとパソコンを接続していただきます。

②「音楽」→「iPod classicの音楽を選択する」

ipodclassic音楽転送

③「エクスポート」→「iTunesライブブラリーエクスポート」の順にクリックすると、選択された音楽ファイルを iPod classicからiTunesに転送できます。

ipodclassic音楽転送


そのほかの特徴

このTunesGo Plusの特徴のひとつに、iTunesに重複して音楽を入れないというものがあります。iPod classicにもiTunesにも同じ曲が入っている場合、ソフト上判断し、自動でiTunesをアップデートし、曲の重複を防ぎます。また、iTunesに曲がなかった場合は、バックアップをとる指示も出すことができます。同期を自動ですることができます。それだけではなく、iPod classicの時に欠けていた音楽タグや情報もライブラリの補填も可能です。無料体験版もありますので、一度試されてはいかがでしょうか。

ホーム > 製品活用ガイド > iOSデータ管理・移行 > iOSからiTunes移行 > 音楽をipod classic からiTunesに転送する方法

サイトマップ

Top