iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

ムービーメーカーでムービーを保存しましょう

ムービーメーカーで保存をしている方多いかと思いますが、保存形式としてどうされますかと聞かれた時に戸惑う方多いかと思います。
保存形式とは動画の再生方式に合わせて対応する物で、代表的な物でAVIやiSO形式があります。
DVDに焼いて再生する場合はiSO形式で保存して、DVDに焼いていきます。
そして、そのままパソコン等で再生したい場合はAVIとして保存して、再生していきます。

Part1.ムービーメーカーで作るムービーの保存形式の紹介

ムービーメーカーの保存でどの形式を選ぶかはこれからどのように使用するかという事に合わせて対応する必要があるのです。
特にムービーメーカーのムービーの保存形式を選び方で動画のこれからの扱い方が変わるので慎重に行う必要があります。
また最近では携帯端末機やタブレットで動画を再生される方が増えており、その方たちに合わせ形式でmp4と呼ばれるものがあります。
こちらはサイズも小さく画像も荒いですが、携帯端末機やタブレットで再生する分は十分な機能を持っています。
このようにどのようにムービーメーカーで保存するかはこれからどういう風に動画を扱っていくかが重要な部分となっています。

Part2.ムービーメーカーでDVDを保存する方法の紹介

ムービーメーカーの保存でDVDを選択する際はDVD形式でしか再生できないので、携帯端末機等では再生不可能という事を覚えておきましょう。
しかし、ムービーメーカーでDVDを保存する機能は一番効率的で、初心者でも簡単に作業できるので、保存形式がよくわからないという方はDVD形式で保存しましょう。
Windowsのムービーメーカーの保存としては一番スムーズに行く方法となっています。
またムービーメーカーは分割で保存する事もでき、もしDVDのサイズにおさまらない場合は、分割してDVD2枚分にする事も可能です。
勿論分割してムービーメーカーでusbに保存という事も可能なので、自分の目的に合わせて利用していきましょう。

Part3.PhotoMovie Studio 6 Proでムービーを保存する方法

どうしてもゆっくりムービーメーカーを保存できないという方は、『PhotoMovie Studio 6 Pro』を使用しましょう。
PhotoMovie Studio 6 Proは視覚的に保存方法を選ぶ事ができるので、ムービーメーカーで保存する方法よりも、簡単に確実に保存する事ができます。
特に今まで保存をした事がないという方ほどお勧めしたいムービー編集ソフトになります。

さらにPhotoMovie Studio 6 Proはムービーメーカーより高画質で保存する事ができるので、保存する時に画質に拘っている方にも最適なソフトとなっています。 PhotoMovie Studio 6 Proは体験版だと無料で、製品版だと有料になるのですが、自分の環境に合わせて選ぶ事が出来ます。
このようにPhotoMovie Studio 6 Proはムービーメーカーよりも魅力的なソフトとなっています。

ムービーメーカーはMP4で保存する方法もややこしいですし、ムービーメーカーでは保存先の指定も面倒な部分があります。
しかし、『PhotoMovie Studio 6 Pro』はWindowsのムービーメーカーよりも簡単にMP4形式で保存できるようにしてあります。

ホーム > 製品活用ガイド > ムービー・スライドショー作成 > フォトムービ作成 > ムービーメーカーでムービーを保存する

サイトマップ

Top