iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Windowsムービーメーカー2012:Windowsムービーメーカー2012の使い方や不具合の紹介

ムービーメーカー2012は様々な機能が追加されており、利用している方も多いのですが、まずは詳細から知る必要があります。
Windowsで使用できるムービーメーカー2012の使い方ですが、ほとんどが可視的な操作で対応可能となっています。
まずはWindowsのムービーメーカー2012の使い方として欠かせない事に、機能を把握するという対応があります。

Windowsムービーメーカー2012の使い方

Windowsのliveムービーメーカー2012の機能は以下になります。

1.ナレーションの追加

動画にナレーションを追加する事ができ、解説が必要な動画を作成する際に役に立ちます。

2.サウンドの制御

2つの音を制御することで、クリアなサウンドを追加する事が出来ます。

3.バックグラウンドダウンロードリンク

こちらは音楽を追加したい時にネット上からダウンロードする事が出来ます。
ポイントはムービーメーカーで動画を作成中にダウンロードできるという事になります。

4.手振れとゆがみ補正

これはカメラで動画を撮る以上起こる事で、ムービーメーカー 2012で適正に修正する事が出来ます。

5.動画のカット

こちらはいらない部分の動画をそれぞれのコマ単位で削除する事が出来ます。

6.必要なシーンだけ保存するトリムツール

こちらは開始位置を終わり位置を決めてその間の動画を切り取って保存する事が可能です。

7.編集が完成した動画の扱い方

こちらですが、そのままパソコンに動画として保存するか、DVDに出力する事が可能です。

8.編集した動画をyotubeにアップロードする事ができる

こちらは自分の作成した動画を世界中の人に見てもらいたいために世界中に人気があるyotubeに、アップロードする方法になります。

Windowsムービーメーカー2012の不具合について

1.ムービーメーカー2012が起動しない。
2.ムービーメーカー2012でDVDに書き込みができない。
3.動画編集で2時間を超えるとデータ出力に失敗する。
4.ムービーメーカー2012で作成したデータを再生してもまっくら
5.ビデオカメラからの取り込みやインポートができない。
6.編集中にフリーズする。

どれもムービーメーカー2012を使用する上では致命的な不具合になります。

不具合の心配をしたくないと考えている方は、『PhotoMovie Studio 6 Pro』をお勧めします。

ムービーメーカーの代わりのソフト「PhotoMovie Studio 6 Pro」の紹介

PhotoMovie Studio 6 Proは安定性が重視されており、ムービーメーカー2012でDVDで出力できないという致命的な欠点がありません。
また、Windows用のムービーメーカー2012をダウンロードするよりも比較的早くダウンロードする事が可能です。
ムービーメーカー2012のダウンロードで悩まされた方にもPhotoMovie Studio 6 Proはお勧めです。

そして、ムービーメーカー2012のDVDの焼き方よりもPhotoMovie Studio 6 Proは簡単にDVDを作成する事が出来ます。

このように『PhotoMovie Studio 6 Pro』は非常に魅力的なソフトなので、ムービーメーカー2012で不安な方にお勧めです。

windows版ダウンロード  Mac版ダウンロード

サイトマップ

Top