iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

ゆっくりムービーメーカーの使い方の紹介

動画作成において、今人気を出しているソフトにゆっくり ムービーメーカーというものがあります。
これは動画を編集する際に入れるナレーションなどをゆっくり設定できるようにしてくれるので、動画作成における負担を格段に減らす事が出来ます。

Part1.ゆっくりムービーメーカーの使い方(ダウンロード・素材・出力)

そんな魅力的なソフトであるゆっくりムービーメーカーの使い方ですが、まずソフトを専用サイトからダウンロードします。
検索欄にゆっくりムービーメーカーと入れるだけで、専用のサイトに飛ぶ事ができるので、そこからソフトをダウンロードします。
そして、専用サイトよりゆっくり ムービーメーカーをダウンロードして、インストールをしていくだけで完了になります。

またこのゆっくりムービーメーカーのサイトにはキャラ等の素材が無料で配布されている物が更新されているので気に入った物があればダウンロードしましょう。
そしてゆっくりムービーメーカーには立ち絵もあるので、上手く活用する事で本格的な物を作成する事が出来ます。
ソフトとしてはゆっくり ムービーメーカー2とゆっくり ムービーメーカー3があるので使い方をしっかりマスターしましょう。
YMMとされているゆっくりムービーメーカーはこのように魅力のあるソフトとして人気を出しています。

ゆっくりムービーメーカーに使用する素材は自分で作成してもいいですし、無料の配布サイトを別に探してソフトに格納するという方法もあります。
自分だけのオリジナル素材を探して、魅力的な動画にしていきましょう。

また、ゆっくりムービーメーカーの出力に関しても、作成後に保存用の出力ファイルを選んで対応するだけで可能なので、簡単に出力できます。
特に出力に関しては多数のファイルの拡張子を対応しているので、実際に出力する際に迷うことなく、出力する事が出来ます。

しかし、Aviutlのゆっくりムービーメーカーでは使いづらいと考えている方は、『PhotoMovie Studio 6 Pro』を使用する事をお勧めします。

Part2.ムービー作成ソフトPhotoMovie Studio 6 Proの紹介

PhotoMovie Studio 6 Proは本格的な機能が多数搭載されており、PhotoMovie Studio 6 Proを使用するだけで、ゆっくりムービーメーカーをMP4として出力するより簡単に対応できます。
PhotoMovie Studio 6 Proはファイルを読み込んで編集をするだけで対応可能なので、ゆっくり ムービーメーカーより扱いやすくなっています。

特に編集に関してはコマ単位で設定できるので、ゆっくりムービーメーカーより細かい設定が可能です。
特にゆっくりムービーメーカーで対応できる字幕を、PhotoMovie Studio 6 Proでは映画のように本格的に対応できるので、作成できる動画も品質が高くなります。 またゆっくりムービーメーカー3の立ち絵に比べて、『PhotoMovie Studio 6 Pro』はより細かい部分まで設定できるようになっています。

ホーム > 製品活用ガイド > ムービー・スライドショー作成 > フォトムービ作成 > ゆっくりムービーメーカーの使い方の紹介

サイトマップ

Top