iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

いまさら聞けない!電子音楽の世界基準「midi」って?

皆さんは「midi」という単語を聞いたことがあるでしょうか。
シンセサイザーを演奏しているですとか、DTMをしているという方でなければ耳慣れない言葉かもしれません。
しかし実は「midi」はほとんどの方が振れたことのあるとても身近なものなんです。

Part 1: midiの紹介

midi icon

一言で言うと「電子音楽の世界基準」のことです。
電子音楽とは、実際の楽器を演奏するのではなく、電子機器によって音色を作っている音楽のことです。
よく電気屋さんのおもちゃ売り場に、「ピアノ」とか「ラッパ」等の音を選べるキーボードが売っていますよね?
あれで演奏した曲も立派な「電子音楽」のひとつです。
最近では楽器の音以外に、人間の声まで電子化して再現したボーカロイドの曲もとても人気がありますよね。
電子音楽とは「ドの音を1小節目の1拍目に、オルガンの音で出す」といった手順を積み重ねてひとつの曲を作っていきます。
この手順書が「midi」なのです。

Part 2: midiが必要な理由

電子音楽

では、なぜmidiが必要なのでしょうか。
さきほど「midiは手順書」と述べました。
例えばPCで作曲した電子音楽をシンセイサーザーにつないで音を鳴らしたいとき。
PCとシンセサイザーで手順書の書き方が違ってしまったら、シンセサイザーはPCで作成した手順書が読み解けなかったり、違う音として解釈してしまうかもしれません。
そのため、電子音楽を扱えるすべての媒体で同じ書き方・読み方ができるように統一した手順書として開発されたものが「midi」なのです。
midiに準じた音楽データはケーブルを通じて様々な機器に接続され、再生されます。
例えば、先ほどから出ているシンセサイザー等の楽器類、PC、テレビ等々…
(ご自宅のテレビの後ろに「MIDI」と書かれたケーブル差し込み口があるかと思います。)
midiは電子音楽の最重要ファイル形式と言えるでしょう。

Part 3: midiのままではダメな場合

世界基準の手順書であるmidiファイルですが、用途によってはmp3等の形式に変換する必要があります。


▲音質が低下する
miidファイルはあくまで「演奏の手順書」ですので、実際の音データではありません。
実際にはPCなどがmidiの内容を読み解いて演奏している、と考えてください。
その際、多くのPCに搭載されている標準MIDI音源は音質が非常に悪く、通常の音楽を楽しむというには不十分なため、比較的音質の良いmp3等に変換する場合があります。


▲midiファイルが再生できない
上段で述べたとおり、midiはあくまで手順書ですので、それを読み解いて演奏する機能がある機器でしか再生できません。
Androidのスマートフォンの場合、残念ながらそのままではmiidファイルの再生ができません。
「せっかくmidiファイルを手に入れたのだからスマートフォンでも聞きたい!」という場合には、mp3等お使いのスマートフォンが対応している形式に変換しなくてはなりません。

Part 4: midiからmp3へ変換

変換には専用ソフトのインストールが必要です。
フリーソフトもいろいろありますが、NCH Swift Sound WavePadをご紹介します。
こちらはNCH Software社が提供するWindowsおよびMacのPCで使用できる総合音楽編集ソフト(有償)です。

ただし機能に一部制限がかかった無償版もありますので、お試しで使うことも可能です。


以下に主な機能をご紹介します。
◎音声の録音
音楽データの録音が可能です。
◎編集機能
切り取りやコピー&貼り付け、削除、挿入、自動トリミングなど用途に応じた多彩な編集機能がついています。
◎音声エフェクトの追加
イコライザ(特定の周波数帯の音を大きくしたりすること)、エコー、逆再生などのエフェクトが自由に設定できます。
◎フォーマット変換
今回ご説明したmp3およびmidiはもちろん、Windowsの標準非圧縮形式であるWAVやmacの標準圧縮形式のAAC、M4Aといった多彩な形式への変換が可能です。
ほとんどすべての音楽データ形式に対応しているので、これひとつでたいていの変換が簡単にできるようになります。
◎大量データの一括処理


ファイルフォーマットの変換やエフェクトの追加等を、1回の操作で大量のファイルに対して行うことができます。
その他にも文章の読み上げや、ボイスチェンジャー機能、ノイズ除去による音声修復機能等があります。
音楽データの変換・編集に必要なほとんどの機能が詰め込まれているので、たいていの要望に応えることができると思います。
例えばお手持ちのCDからサビの部分だけ切り出してスマートフォンの着信音にしたり、会議で録音した音声データから重要な部分だけ切り出したり、パーティなどで使えるようエフェクトたっぷりのナレーションを作成したり等々…
かなり自由度の高い編集が可能ですので、まずは無料体験版だけでも試してみてください。

関連ソフト推薦:

ビデオ変換
  • ★誰でもできる·動画変換·DVD作成★
  • ・150種類以上のビデオ形式を相互に変換します♥ ♥
  • ・Web動画を自由にダウンロードできます(録画機能付き) ♥
  • ・そして更に、簡単編集で「My」DVD作成できます ♥
  • ・メタ情報追加・iTunes同期、デバイス転送など実用機能たっぷり!
  • もっと詳しい情報 >>
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

関連製品
  • Wondershare TunesGo Plus

    Wondershare TunesGo Plus

    「TunesGo Plus」はプロの音楽管理マネージャーとして、思うままに音楽を転送、管理できます!ダウンロードや録音より音楽を保存することも可能!iPhone、AndroidなどデバイスからPCへの音楽転送はバッチリ!当然、逆転送もでき!

ピックアップ記事
ホーム > 製品活用ガイド > 動画・音楽変換 > 音楽変換・MP3変換 > いまさら聞けない!電子音楽の世界基準「midi」って?

サイトマップ

Top