iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

メモリーカードのエラーで失われたデータを復元するメソッド

よくあるメモリカードのエラーメッセージ

メモリカードのエラーメッセージは、論理的な損傷の原因とタイプに応じて異なります。よくあるエラーメッセージの一部は次のとおりです。

»メモリカードのエラー  »カードが初期化されていない  »リードエラー/書き込みエラー  »カードが使用できない

メモリカードのエラーを修正するためのメソッド

以下のようなエラーを修正するには何ができますか?問題を解決するには、次の手順を取ってください。
»コンピュータにデバイスを接続して、データにアクセスします。
»カードリーダー、または別のデータケーブルでデータにアクセスします。
»カードリーダーが動作しない場合は、カードエラーを確認する必要があります。

上記の作業で問題が解決しない場合には、フォーマットします。そしてすぐにメモリカードの復旧を開始します。

メモリーカードデータ復元方法

どんなメモリカードのエラーであっても、メモリーカードのデータ復元ソフトにより、失われたデータが復元できます。メモリカードの復元ソフトは、破損したメモリーカードをスキャンし、データを復旧することができます。Winユーザには、Wondershare「 データリカバリー(Win版)」が最適です。
適したバージョンを選択し、無料の試用版をダウンロードしてみましょう。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :

このリカバリソフトウェアは、メモリカードのエラーで失われた写真、ビデオ、オーディオファイルを見つけることを目指しています。安全で、読み取り専用のプログラムです。次に、3つの手順でWindowsのバージョンを試してみましょう。

  ステップ1、コンピュータにメモリカードを接続します。

USBケーブルで、または直接コンピュータにメモリカードを接続します。その後、プログラムを実行し、「どのようなファィルを復元しますか?」の画面で、「全てのファィル形式」をクリックします。

  ステップ2、スキャンするカードを選択します。

すべてのドライブやディスクをお使いのコンピュータで検出し、ここに表示します。メモリカードも同じです。失われた場所を選択して、「次へ」をクリックします。

  ステップ3、カードのデータ復旧を開始します。

スキャンが終了すると、オーディオ、ビデオ、写真などすべての復元できるデータがスキャンレポートに記載されています。プレビューし、「復元」をチェックします。
そして、メモリカードのエラーが原因で失われたデータはすべての戻ってきます。カードに保存しないで、他の安全な場所にバックアップしてください。

メモリカードのエラーの原因

メモリカードのエラーは、  ウイルス感染から構造の破壊に至るまで、さまざまな理由で発生する可能性がありますが、最も頻繁な理由は以下の通りです:
»メモリーカードが正しくフォーマットされていない。
»ファイルシステムが破損またはファイルシステムのプロパティはRAWである。
»ウイルスやマルウェアに感染。
»メモリカードのディスク構造の破損。
»カメラをオフに切り替えないで、メモリカードを抜く。
»ライト•プロセス中にカメラの電源をオフに切り替える。

上記のエラーを解決するために、どのような方法を選択しても、まず絶対にすべきでないことは、メモリカードに新しいデータを保存しないことです。そうしないと、失われたデータが上書きされて、永久にデータを失うことになります。

ヒント:また、コンピュータまたはその他のデバイスなどからより多くの種類のドキュメント、たとえばPDFファイル、アーカイブ、電子メールなどを復元したい場合には、より高いバージョンにして、Wondershare「データリカバリーを選択することができます。

Wondershare 「データリカバリー」の レビュー・体験談をまとめて紹介します。詳しくは こちらへ>>


win版ダウンロー Mac版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > データ復元・復旧・復活 > USB復元 > メモリーカードのエラーで失われたデータ復元

サイトマップ

Top