iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

PDFファイルをJPEG変換出来る便利なフリーソフトが!!でもフリーソフトで実現出来ない多彩な機能を持つソフトをご紹介!

PDFファイルをJPEG形式に変換出来るソフトをご紹介します。「PDF-XChange Viewer」という製品で、多機能な上フリーソフトの為大変人気があります。複数のPDFファイルをタブで切り替えながら同時に閲覧できるので、とても見易い点が特徴です。PDFデータ簡単にJPEGに変換。更にJPEGのみならず「.bmp」「.tif」「.png」「.gif」などの形式にも変換できる便利な機能を備えています。 そのほか、枠で囲まれたテキストを入力できるテキストボックスツールや吹き出しツール、既存のテキストの背景に色を付ける強調ツールや打ち消しツール、下線付けツールなども用意されています。矢印、直線、四角形、楕円、折れ線などのツールを使って、図形を追加することも可能です。スタンプツールもあり、「DRAFT」や「TOP SECRET」などのスタンプを好きな場所に好きなサイズで表示させることができます。
そのほか、印刷、検索、表示領域の拡大・縮小といったPDFビューワーとしての基本的な機能も備えています。優れた検索機能を備えており、フォルダを指定して大量のPDFファイルの中から目的の文章を素早く探し出すことができるのも便利です。セキュリティ面でも定評があり、安心して利用する事が出来る点も魅力です。

ページの抽出・切り抜きなどの機能を備える37.50米ドルのPRO版にアップグレードすることも可能。対応OSはWindows 8/7/Vista/XPとなっており、Windows10に非対応な点は残念です。

free-to-pdf-jpeg     

フリーソフトで実現出来ない多彩な機能を持つソフトをご紹介!

そこで、株式会社ワンダーシェアーソフトウェアの「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」という製品をご紹介します。このソフトはPDFをJPEG,「.bmp」「.tiff」「.png」「.gif」は勿論のこと、TXTやRTFの出力にも対応しています。また、逆にJPEGをPDFファイルへ変換する機能も兼ね備えています。

また、この製品の特長としまして、画像ベースまたはスキャンした PDF ドキュメントをレイアウトを維持したまま再利用できるテキストに変換。 トップレベルの OCR 技術 (光学的文字認識)で以下を含むPDF完全編集が可能になります。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

この製品を用いて、PDFファイルをJPEGへの変換する操作方法としましては、

ステップ 1 「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」を起動させます。

 

free-to-pdf-jpeg

ステップ 2 「変換」の中から「画像に」を選択します。

free-to-pdf-jpeg

ステップ 3 画像に変換

「画像に変換」ボックスが出て来ますので、フィルタの中から「JPG」を選択します。右下の青ボタン「変換」をクリックします。

free-to-pdf-jpeg

 

また、逆にJPEGファイルをPDFファイルに変換する事もこの製品では可能となっております。操作方法としましては、

ステップ 1 「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」を起動させます。

「作成」アイコンの「ファイルから」を選択します。※上記は1つのファイルから1つのPDFファイルを作成する場合。複数のファイルを1つのPDFファイルに纏める場合は「結合」を選択します。

free-to-pdf-jpeg

ステップ 3 JPEGファイルをPDFに変換します。

.PDFに変換したいJPEGファイルを開きます。しばらく待つと、PDFファイルに変換された状態で画像が表示されます。OCR機能を使用するかしないか選択出来ます。

free-to-pdf-jpeg

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

サイトマップ

Top