iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iTunesではなく、DropBoxでPDFをiPadに転送


PDFの電子書籍を定期的にiPadで同期するのに苦労していませんか? 私もそうです。

iTunesを使ってiPadへ電子書籍を同期するのは時間がかかります。

家でPDFをiPadへ通勤中に読むために送り、会社ではまた別のPDFを送る必要があったとしましょう。

このように、複数のコンピュータでiTunesを使ってiPadのファイルを同期した場合、はじめのファイルは消えてしまいます。

なんと不便な! しかし、クラウドならこの問題を解決できます。たった1つのアカウントで、ファイルを複数のコンピュータやデバイス間で共有することができます。

この文章は、iTuneを使わずに、無料のDropBoxを使ってPDFをiPadへ送る方法を説明します。 DropBoxは無料で利用でき、写真・文書・動画をいつでもどこでも、インターネット接続がない環境でも共有することができます。

これより、どのようにDropBoxを用いてPDFをiPadへ送るかを説明します。

ステップ 1: DropBoxをインストールします。

DropBoxをインストールします。

初めてDropBoxをインストールする場合には、アカウントを取得する必要があります。

インストール中にアカウント取得用のポップアップが表示された場合、ユーザ名・メールアドレス・パスワードを入力してアカウントを取得してください。 

ステップ2:DropboxにPDFファイルをアップロード

インストール完了後、”Photos"と”Public"の2つのフォルダが表示されます。PDFファイルをPublicフォルダへドラッグアンドドロップしてください。

ステップ3:iTunesにiPad用のDropboxを取得

iPadにDropBoxをインストールしてください。ステップ1でアカウントを取得しているため、再度アカウントを取得する必要はありません。

ステップ1で取得したアカウントでログインしてください。

ステップ4:iPadでDropboxを起動し、パブリックフォルダに移動

Publicフォルダを開くと、ステップ2で追加したPDFファイルが見られます。 タップすることでPDFを開くことができます。

google docs pdf編集

これらのステップで、PDFをiPadへiTunesを使わずに、DropBoxを使って転送できます。ぜひ試してみましょう!

iPadは読書に大変便利ですが、PDFファイルの管理のためにコンピュータが必要な場合は多いでしょう。

Wondershare PDFelementは、PDFファイルの編集・ページの追加や削除・電子透かしや注釈・マーキング等のPDFに関する全てのを操作を簡単に、効率よく行うことのできるツールです。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

iPad用Adobe ReaderでPDFファイルを閲覧   Nitro Proの代わりになるOS X用ツール   Mac/WindowsでFoxit PDF Editorを代替できるベストPDFツール
Mac OS X Mountain LionとWindows 8でPDFの透かしを削除   DropBoxでPDFをiPadに転送   iPadからPC/MacにPDFをバックアップや転送
MacBook Pro/Air対応のAdobe Readerのようなアプリケーション   Acrobatの代わりになるMac用のPDF編集ソフト   Mac OS X Mountain Lion 及び Windows 8でPDF透かしを除去
Google booksをPDF形式でダウンロード   iPadでのPDFファイル保存方法   PDFをiPadに転送
Windows 7でのベストNitro Pro代替品   Google Readerの記事をPDFファイルとして保存   Android PDF Library に関する役立つ情報

ホーム > 製品活用ガイド > PDF変換・編集・作成 > PDF編集・加工 > iTunesではなく、DropBoxでPDFをiPadに転送

サイトマップ

Top