iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

PDFを圧縮するならMacでも使えるPDFelement

作成したPDFのファイルサイズが大きくなってしまうとメールで送信しなければならない場合や共有しなければならない場合にスムーズなやり取りが行われないことが予想されます。
すぐ見たいのにファイルサイズが大きくてダウンロードや読み込みに時間がかかってしまうのは誰だって好ましいとは思わないでしょう。
多くの製品を紹介しているようなサイトではなおさらで、製品のカタログや説明書にPDFファイルが使われていることが多いです。

そこで必要になってくるのがPDFの圧縮という方法です。
PDFの圧縮を行なうとファイルサイズが驚くほど小さくなることがあります。
小さくなるからといって画質が劣化してしまったり、どこかファイルが壊れてしまったりすることもありません。
ファイルサイズを小さく圧縮することができればメール送信する場合や共有する場合にスムーズなやり取りができるはずです。
しかし、圧縮するためにはどうすればいいのかわからないといった方は多いのではないでしょうか。

そこで今回はPDFの圧縮を手助けしてくれるMac対応のソフト「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」を紹介してみたいと思います。

1.まずはPDFを見るときにAdobe Acrobatのようなページの拡大と縮小、フルスクリーン表示などができます。
2.次に、PDFを各Office形式に変換することができます。 例えばPDFをWordに、PDFをExcelに変換することができます。 3.PDF上でテキストの編集や画像、注釈、リンク追加などができます。
4.テキストや画像をPDFに作成することもできるので、PDFを扱う上で必要な機能が一通り揃っているといっても過言ではありません。
そんなWondershareのPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)はWondershareで無料お試し版をダウンロードすることができますので、ダウンロードしてインストールまで済ませてしまいましょう。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー

では、そろそろ「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」でPDFファイルを圧縮する方法を紹介してみたいと思います。

この製品はPower Pointファイル並びにExcelファイルやWordファイルもPDFファイルへの変換が可能な上、テキストファイル(.txt)や画像ファイル(JPEG、PNG、BMP、GIF、TIFF)の他、EPUBやHTML、RTFといった特殊なファイルをPDFファイルに変換する事が出来る優れた製品となっています。 操作方法は次の通りです。

Step 1 圧縮したいPDFファイルを読み込む。

Step 2PDFファイルをドラッグ&ドロップして読み込む。

読み込みましたら画面左上にある「ファイル」から「PDFを最適化」をクリックします。
こだわりがないのであればオフィス用や印刷用の画質を選択して進めることもできますが、強いこだわりがあるのであればカスタムを選択し、カラー画像やグレースケール画像、白黒の画像などの画質品質レベルを設定してみましょう。

PDFファイルをドラッグ&ドロップして読み込む

Step 3「最適化」をクリックしてください。

終わりましたら「最適化」をクリックし、保存先やファイル名を決めて実行すると最適化が始まります。

「最適化」をクリックする

これでPDFファイルの圧縮がMacでも簡単にできました。
実際に圧縮する前と後のPDFのサイズを比較してみると、圧縮した後のほうが小さいことがわかります。
さらに、圧縮する前と後のPDFを開いてみると、画質がほとんど劣化していないことがわかります。
PDFのサイズを圧縮することがMacでもできるようになるWondershareのPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)でたくさんのPDFを効率よくやり取りができるように圧縮してみましょう。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー

ホーム > 製品活用ガイド > topic > PDF変換・編集・作成 > PDFを圧縮するならMacでも使えるPDFelementの紹介

サイトマップ

Top