iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MacでPDFをJPGやJPEGに変換するには?シンプルな操作でPDFの変換ができるソフト

仕事の内容は違うにせよ、パソコンを使っている方は毎日色々なファイルが混在していると思います。その中の1つのPDFファイルは書類などの管理に最適ですが、場合によってはPDFが開けないことやPDFのデータを他のファイルでも利用したいといったことがあるのではないでしょうか?そうした時にはmacなどお使いのパソコンで1度pdfをjpegに変換することで問題は解決します。とはいえ、いざ変換しようとした時に困ってしまう方も多いと思うので、今回はmac上でpdfをjpgやjpegに変換する方法を紹介していきます。

Mac PDF jpg変換ソフト「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版) 」の特徴

macでpdfをjpegなどにするのは難しいというイメージもあるかもしれませんが、今回紹介するWondershare社のPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)を利用すると難なく作業ができます。このソフトはpdfをjpg・jpegに変換する以外にもWordやExcelを基にPDFを作成といった作業がmac上で行えます。さらに、PDFデータの編集にも対応していて、PDF上に追加で文章の入力や削除、画像の貼り付けも可能です。関連したPDFをまとめたい時もこのソフトを活用することで、ファイルを1つに結合できますし、PDFを送ってファイルを開く際のパスワードの設定も行えるなど、PDFをより扱いやすくしてくれるソフトになるはずです。また、操作画面についてもWordやExcelを使用する時のように分かりやすいため、パソコンに慣れている方ならすぐに利用できるかと思います。

Macで「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版) 」で簡単にPDFをjpg/jpegに変換する手順

それでは、実際にこのソフトを使ってmacでファイルをpdfからjpegなどに変換していく手順を説明するので、その前にきちんとソフトのインストールなどを行うようにしてください。ソフトを起動してホーム画面が表示されたら、画面下にある「ファイルを開く」の項目からPDFを選択していきます。続いて、選択したPDFがソフト上で開かれ、この画面では上部の編集ボタンからPDFの修正などもできますが、今回は変換の作業を進めていきます。変換については、画面上部の右端に「変換」ボタンをクリックして進み、次の画面ではPDFの変換に関する設定を行っていきます。左上部のボタンからファイルを追加でき、変換するPDFのページを選択することができます。そして、変換する形式を選ぶには画面右上のボタンをクリックし、形式の中からjpegを選択して下の「変換」ボタンで保存先を設定したら作業は完了です。もちろん、変換する際にjpgを選択すれば、先ほどと同じ手順でmac上からpdfをjpgに変換することも可能です。

PDFをjpg/jpegに変換する

こうした短いシンプルな操作によって、mac上でpdfをjpegも含めて用途ごとにファイルを変換できると同時に編集も行える点は仕事の中でも役立つと思います。PDFの編集などを行うにはフリーソフトも利用できますが、作業の中でうまく操作ができなかったり、中にはフリーソフトをあまりダウンロードしたりすることがない方もいるかと思います。このソフトは有料ソフトですし、編集や変換をわずかな操作で行えるので、大切なPDFを扱う際も安心して作業ができるかと思います。また、最近では仕事でもスマートフォンを使用することもあると思いますし、PDFを見たいという場面も出てくるかもしれません。その時にアプリなしですぐにスマートフォンでもPDFが見られるよう、このソフトを使ってmac上で事前にファイルをpdfからjpgやjpegに変換しておくと便利なはずです。

仕事などでPDFファイルを扱うことが多く、困ってしまった時には今回のWondershare 社のPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)を利用して頂ければ、これまでよりも快適にPDFを活用できるようになります。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー


サイトマップ

Top