iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Mac上で専用のソフトを使い、簡単にPDFのページ削除をする方法

今の時代、パソコンやスマートフォンの普及により、データとして文章や画像を保存することが簡単になってきました。これにより人々の生活や仕事は大きく変化し、趣味や仕事関係でデータファイルを扱うことが身近になってきたと思います。そんな何気なく扱っているファイルですが、保存形式についてはあまり考えることがないと思います。データを保存する時、ファイル名の後にアルファベットがついているのを見たことがあると思います。それが保存形式を表す表示です。文章や画像、様々な形式があり、目的によって使い分けることができます。その中で、私が最近よく見かけるようになったのは、pdfという形式です。そこで、このpdfという形式は、一体どのようなものか調べてみました。

pdfは別名、電子文書とも言われていて、インターネット上でよく見かけます。例えば、何かの申請書類や、電子ソフトの説明書など、pdfで作られていることが多いです。どのパソコンでも開くことができ、レイアウトを崩さず表示することができます。ファイルサイズも小さいので扱いやすく、電子メールにも添付できるのでやり取りも簡単です。他にも、セキュリティの設定ができるため、安全性も高くなっています。企業でも使われることが多く、社内で扱う電子文書はpdfがよく使用されています。そのpdfのファイルを作成するには、専用のソフトを使えば誰でも簡単に作ることができ、種類も様々なものがでています。編集機能も備わっているので、特に困ることもありません。今回はその編集作業の1つである、pdfの不要な部分のページ削除について紹介していきたいと思います。

削除していくにあたっては、PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)というソフトを使っていきたいと思います。まずはこのソフトがどういったものなのか、特徴を紹介していきます。

・「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」の特徴紹介

Mac上でpdfの作成や編集が簡単にできるソフトです。使いやすい操作で、ほとんど全ての機能が揃っています。

・「PDF閲覧・操作」

直感的な操作で扱いやすく、ズーム調節やページの表示モード切り替えなどが行えます。ナビゲーションペインという機能もついていて、必要な情報をすばやく見つけることもできます。

PDFの閲覧、操作

・「PDF変換」

作成したPDFファイルを様々な形式に変換できます。文書の形式や画像の形式にも対応しているので、目的によって使い分けましょう。また、他のファイルからpdfに変換することもできます。

      PDF変換

・「PDFのページ整理」

削除や挿入、抽出や透かしなど、ページを再編集するための機能です。他にも、ページの分割や複数のpdfの結合など、わかりやすいように編集できます。

PDFのページ整理

・「PDFの保護」

セキュリティの面では、pdfに開くためのパスワードが設定できます。これにより第三者が編集したり、プリントしたりできないよう保護することが可能です。

      PDFの保護

このように、様々な機能が搭載されています。では実際にこのソフトを使い、mac上でpdfのページ削除する方法を紹介していきます。

・「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」を使いMac上で簡単にPDFのページ削除をする手順

まずは右側にあるツールペインで、「ページ」をクリックしましょう。次に「ページ操作」の「ページを削除」を選択します。すると削除のポップアップウィンドウが開くので、その中から、「現在のページ」「すべてのページ」「偶数ページ」「奇数ページ」または、指定した範囲のページなど、削除する場所を選択しましょう。そのまま「OK」をクリックすれば削除が実行されます。

PDFのページ削除をする

特に難しい操作もなく、簡単にページ削除することができます。PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)は機能も充実していて使いやすいため、初めての人にもおすすめできます。気になった場合は無料の体験版もついているので、まずはこちらから試してみてもいいと思います。pdfの作成や編集を上手く使い、趣味や仕事に役立てていきましょう。。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー

サイトマップ

Top