iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MacでPDFにパスワードを設定するならこのソフト!

Macをお使いの方で、PDFをビジネスなどで活用する方も多いと思いますが、その際に気になるのがパスワードです。
パスワードを設定しておくことで、重要な文書の漏洩や、個人情報の漏洩防止に繋がります。
一般的に、PDFにパスワードを設定する場合、PDFの編集ソフトを使って行なうのですが、ソフトを選ぶ際に迷う方が多いようです。
そこで、私がMacユーザーにおすすめするのが、「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」です。
WondershareのPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)は初心者から上級者まで、全ての方が満足できるソフトとなっているので、ここで特徴とPDFのパスワードの設定や解除の手順を、Macをお使いの方に紹介したいと思います。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー

・「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」の特徴

「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」の閲覧は、拡大や縮小、フルスクリーン、2ページ連続で表示させることなどが可能で、シーンに合わせて閲覧することがで、非常に使い勝手が良いです。
編集機能に関しては、PDFの文字の変更、画像の挿入、注釈やリンクの追加、フォームの変更といったことができます。
更にOCR機能では、スキャンした際のドキュメントのレイアウトを維持しつつ変換できるので、テキストの編集、テキストの挿入、画像のリサイズなど、あなたのお好みに合わせて仕上げることができます。
言語もバラエティー豊で、ほぼ全ての言語に対応しています。
そして、「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」の変換機能はPDFを、JPG、JPEG、PNG、Excel、PowerPointと様々な形式に変換することができます。
Excel、PowerPoint 、WORDにも対応しているので、ビジネスシーンでの活用も期待できます。

・「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」のセキュリティの設定と解除手順

パスワードの設定

Step1:「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」をPC上に立ち上げ、「ツールペイン」をクリックします。
Step2:「ツールペイン」の中の「保護」をクリックして「パスワードの暗号化」をクリックし、セキュリティ設定のポップアップウィンドウを開きます。
Step3:ポップアップウィンドウを開いた後、「文書を開くときにパスワードが必要」にチェックを入れ、「オープンパスワード」と「パスワードの確認」にパスワードを入力します。
この時、パスワードは忘れない様にすることが重要です。 同じように「文書の印刷および編集を制限。これらの権限設定を変更するにはパスワードが必要」にチェックを入れ、「権限パスワード」、「パスワードの確認」、「印刷の許可」、「変更を許可」を設定します。 「テキスト、画像やその他のコンテンツの許可のコピーが可能です」のチェックは、暗号化レベルに応じて判断してください。
Step4:全ての設定が完了しましたら「OK」をクリックして完了となります。


パスワードの設定

パスワードの解除

Step1:「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」をPC上に立ち上げ、「ツールペイン」をクリックします。
Step2:「ツールペイン」の中の「保護」をクリックして「この文書からセキュリティ設定を削除」をクリックし、セキュリティ設定のポップアップウィンドウを開きます。
Step3:ポップアップウィンドウを開いた後、パスワードを入力するのですが、正しいパスワードを入力しなければセキュリティは解除されません。
パスワードはメモを取り保管するなどして、必ず覚えて置くようにしてください。

パスワードの解除

このように「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」は、PDFのパスワードの設定や解除を簡単に行なうことができ、Macをお使いの方に非常に便利なものとなっています。
WondershareのPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)を使えば、PDFの活用の幅が、より一層広がることは間違いないでしょう。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー

ホーム > 製品活用ガイド > topic > PDF変換・編集・作成 > MacでPDFにパスワードを設定するならこのソフト!

サイトマップ

Top