iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Macを使い簡単にPNG画像をPDFに変換する方法とソフト

デジカメやスマートフォンの普及により、簡単に私たちでも画像を扱えるようになりました。何気なく保存している画像ですが、その画像の保存形式について考えることはあまりないと思います。データで画像を保存している場合、ファイル名の後にアルファベットがついているのを見たことがあると思います。これらはそのファイルが、どのような形式で保存されているかを示すものです。いくつか種類があり、それぞれ特徴があります。今回はその中の1つである、pngという形式を調べてみました。

pngはパソコン画面に使われる色や、ペイントなどの描画ソフトで使うような色の少ない場合に最適です。透過度を表すことができ、色を半透明にしたり、背景を透明にすることができるという特徴があります。しかもpngの画像は、何度編集しても粗くなったりすることはありません。しかし、色の情報をすべて保存するため、写真など色の多い画像をpngで保存すると、サイズがかなり大きくなって使いづらくなってしまいます。もし、そうなってしまった時などは、他の形式に変換するという方法もあります。専用のソフトを使えば、pngから様々な形式に変換することができます。目的に合った形式にする必要がありますが、今回はpdfという形式に変換してみます。

pdfは、文章や画像をパソコン上で綺麗に表示することを目的としたファイル形式になります。なので、正確にいうと画像だけの形式ではありません。一度pdfファイルを作っておくと、他の人には編集が難しいという特徴があります。勝手に変更されることのないよう、仕事関係でpdfを指定されることがあったりもします。

変換するにあたって今回は、PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)というソフトを使っていきたいと思います。どのようなソフトなのか、特徴を紹介していきます。

・「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」の特徴紹介

Mac上でpdfの編集や作成、変換を簡単にできるソフトです。簡単な操作で使いやすく、様々な機能を搭載しています。

・「PDFの閲覧、操作」

簡単な操作でpdfファイルの閲覧ができ、自分の見やすい表示モードの切り替えやズーム調節が行えます。また、操作に役立つナビゲーションペインという機能もついています。

PDFの閲覧、操作

・「PDF作成」

pdfの作成は簡単にできます。別のファイル形式のものからpdfを作成する方法や、空白のpdfを作成して、テキストや画像を自由に追加していく方法もあります。

      PDF作成

・「PDF変換」

作成したpdfファイルを、様々な形式に変換することができます。WordやExcel、テキストやHTMLなど、必要に応じて変換しましょう。

      PDF変換

・「PDFの編集」

編集では、テキストや画像、しおりやリンクの追加などができます。追加した画像などは、サイズの変更やトリミングができるので、好みの大きさに調節しましょう。

      PDFの編集

このようにpdfに関する編集機能は、ほぼ全て揃っていると思います。次は実際に、pngファイルをpdfに変換する手順を紹介していきます。

・「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」を使いpngをpdfに変換する操作をMac上で行う手順

まず、画面の上の方にある、「ファイル」をクリックします。次に「作成」を選び、「ファイルからpdf」をクリックします。pdfの作成に使用するファイルを選び、「開く」をクリックします。ソフトにロードされた後は、必要な編集を行いましょう。
後は「ファイル」から「名前を付けて保存」を選び、出力先のフォルダーを選択します。そのまま作成したpdfを保存して完成です。

pngをpdfに変換する

このように複雑な操作も必要なく、簡単にできます。pngからだけではなく、他の画像形式からも同じ操作でpdfにすることができます。

PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)は初めての人にもおすすめすることができ、値段もお手頃となっています。試してみたい場合は無料体験版もついているので、使ってみるのもいいと思います。ソフトを上手く使い画像を扱っていきましょう。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー

サイトマップ

Top