iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

MacでPDFを印刷するにはPDFelementがおすすめ

みなさん、購入してみたものの普段あまり使用する機会のない製品ってありませんか?
気がつけばたまに思い出して使う程度のものになってしまったものがあると思います。
しかも使ってみようと思ったときに限って使い方というものをついつい忘れてしまうものです。
そんなときに必要なのは取扱説明書です。
取扱説明書を見ればわからないことは大体解決します。

もし、手元に取扱説明書がないとしても製品を紹介しているサイトへアクセスしてみると、製品ごとに取扱説明書のPDFファイルをダウンロードできるようになっています。
そこからPDFをダウンロードして印刷すれば解決するでしょう。
ただし、Macを使う人が印刷をするためにはPDFを読み込めるソフトが必要になるかもしれません。
そこで、Macを使う人でもPDFを印刷することができるソフトをひとつ紹介してみたいと思います。
そのソフトとは「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」です。
MacだからといってPDFを印刷できないなんてことはありませんのでご安心を。

この「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」の特長はなんといってもMacでPDFを観覧、変換、編集、作成、印刷、圧縮などなどPDFのことであればなんでもお任せというほどの機能を備えているというところでしょうか。
まずはPDFの観覧ですが、拡大と縮小で見易さを調整する他、幅、高さに合わせて表示、全画面表示、オリジナルサイズで表示、ページのスクロール移動ができ、画面左にある各ページのサムネイルをクリックすれば瞬時にページを移動することもできます。

お次は変換です。
変換機能を用いればPDFをWORDやEXCELなどに変換することができます。
近年は一旦PDF作成したものをWORDやEXCELに変換して編集する機会が多く、活用頻度は高いのではないでしょうか。
他にもpptやhtml、epub、画像形式ファイルに変換することができます。

また、WondershareのPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)でPDFにテキストや画像、リンクを追加、スキャンしたPDFの編集をすることができます。
リンクを追加すれば、PDFからリンク先のウェブページを開くこともできますし、PDF内ページへ瞬時に移動することもできます。
スキャンしたPDFはそのままでは編集することができませんが、OCR機能を使えばスキャンしたPDFでも文字を認識して編集することができるようにしてくれるので、いざというときに大活躍するかもしれません。

Mac版ダウンロー    win版ダウンロー

では、PDFの印刷をどのようにするのかを見ていきたいと思います。

PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」を起動する

Step 1PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」を起動してください。

印刷したいPDFを読み込む

Step 2印刷したいPDFを読み込む。

「プリント」をクリックして印刷を実行する

Step 3 「ファイル」をクリックし、一番下にある「印刷」をクリックしてください。

他にはPDFを読み込んだ後、「Command+P」で印刷をすることができるのでMacをお使いの方はショートカットキーとして覚えておきましょう。
さて、印刷メニューが表示されましたら全てのページを印刷するのか、特定のページのみを印刷するのかを選びます。
枚数の設定なども済みましたら右下にある「プリント」をクリックして印刷を実行しましょう。

WondershareのPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)はWondershareで無料ダウンロードができます。
ここでは紹介していない機能もたくさんありますので、是非ダウンロードしてPDFの活用に役立ててみましょう。

Mac版ダウンロー    win版ダウンロー

ホーム > 製品活用ガイド > topic > PDF変換・編集・作成 > MacでPDFを印刷するにはPDFelementの紹介

サイトマップ

Top