iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

JPGやPDFを変換する、Macユーザーにとっておきのソフト!

JPGやJPEGをPDFに変換するシーンがあると思いますが、Macをお使いの皆さんは、どのような方法で変換していますか。
MacでJPGやJPEGをPDFに変換する場合、一般的にはPDFの編集ソフトを使って行ないますが、良いソフトがなかなか見つけられないということを良く耳にします。
そこでMacユーザーにおすすめのソフトが、「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」です。
「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」はJPEGやJPGを、簡単にPDFに変換でき、 他にも多くの機能により、Macをお使いの全ての方が満足できるソフトとなっています。
その多くの機能の特徴と、PDFに変換する手順をここで紹介したいと思います。

・「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」の特徴

WondershareのPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)はシンプルな操作により、テキストの追加や削除、フォントサイズやカラーの変更、画像の挿入を行うこともできます。
他にも、透かしの挿入やクロップ、抽出といった高度な機能を使って編集をおこなうこともできます。
変換に関しては、様々な形式に対応しており、JPGやJPEGをPDFに変換することはもちろんのこと、PNG、Excel、PowerPoint、WordなどもPDFに変換することができます。
PDFから他の形式に変換することも同様にできるので、非常に使い勝手が良いソフトです。
他にも、OCRでのPDFデジタル化や、事前設定でのファイルの圧縮など、様々な特徴を有しています。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー

Macで「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版) 」で簡単にPDFとして保存する手順。


「ファイル」の「作成」、「ファイルからPDF」を選択する

ステップ1.「ファイル」の「作成」、「ファイルからPDF」を選択してください

「PDFelement(Mac版)」を起動します。 そして、「ファイル」の「作成」、「ファイルからPDF」を選択します。


ステップ2.PDFに変換するファイルをドラッグ&ドロップで「PDFelement(Mac版)」まで移動し、「開く」を選んでください。

「PDFelement(Mac版)」にファイルがインポートされましたら編集を加えて行きます。


ステップ3.編集が終わりましたら「ファイル」の「名前を付けて保存」を選び名前を入力してください。

名前の入力が済みましたら、出力先を選び、「保存」をクリックするとPDFファイルが保存先に作成されます。

MacではPDFの作成や保存できないと思っている方が多いと聞きます。
ですがMacでもPDFの作成や保存が出来ます。
なぜ、知らない方が多いかと言いますと、作成や保存の方法が分り難いからです。
その様な分り難い方法を、楽で簡単にしてくれるソフトがWondershareのPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)です。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー

ホーム > 製品活用ガイド > topic > PDF変換・編集・作成 > なんと、Macで300種類ものファイルからPDFの作成が出来る方法

サイトマップ

Top