iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

PDFの分割はPDFelementにおまかせ!

ある日、たくさん所持していた漫画本の中からもう見なくなってしまったものを処分しようと思って仕分けをしていたのですが、いざ手放すことを考えてみたら仕分け作業が進まなくなってしまいました。
最後に読んだのがいつなのかもわからない古い漫画であっても、いつか読み直すことがあるかもしれないと思うと捨てるに捨てられないというわけです。
しかし、それではいつまで経っても処分することができず、物理的に管理が難しくなっていく一方です。
そこで思いついたのは、処分する漫画をスキャンしてPDFで保存、管理して電子書籍化させ、物理的に管理しなくても済むのではないかという方法です。
これならば物理的に本を処分しても内容はPDFでいつでも見直すことができます。
それに本棚周りもすっきりして部屋の印象も変わるでしょう。
というわけで実際に取り掛かってみたのですが、全ページをスキャンするのはなかなか時間がかかってしまいました。
それに一巻ごとに枚数が多く、その分ファイルサイズが大きくなってしまいました。
これではPDFを開いても全てのページを表示するまでに時間がかかってしまうかもしれません。
なので、一巻分のPDFをさらに細かく分割することにしました。

そこで、PDFの分割に役立つソフトとして活躍するのが、Wondershareでダウンロードできる「PDFelement~変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」というPDFを専門的に扱うことができるMac対応のソフトです。
この「PDFelement~変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」はMacでもPDFの分割が簡単にできますので便利です。
PDFを専門的に扱うのであればAdobe Acrobatが有名ですが、「PDFelement~変換・編集・作成+OCR~(Mac版)」はそれに負けない機能をたくさん備えています。
操作性も初心者が見てわかりやすいようなデザインになっているので、扱い方がわからなくて諦めてしまうこともないでしょう。
おかげで漫画の電子書籍化をすすめ、ある程度区切りがつけて、古くなった漫画本をためらうことなく処分することができました。
それでは、WondershareのPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)でPDFを分割する方法を簡単に紹介してみたいと思います。

Mac版ダウンロー    win版ダウンロー

では、PDFの印刷をどのようにするのかを見ていきたいと思います。

1.分割したいPDFを「開く」から読み込むのか、PDFを直接ドラッグ&ドロップして読み込む。

2.画面右側にツールメニューがあるか確認します。
※なければ画面左上の端っこに窓のような四角いアイコンが二つありますので、そのうち右側のアイコンをクリックしてツールメニューを表示させましょう。

3.ツールメニューが画面右側に表示されましたら、ツールメニューの上にある三つのアイコンから一番左のアイコンをクリックします。

4.左のアイコンをクリックしたことで各メニューが表示されますので、そこから一番上に表示されている「ツール」をクリックします。

5.クリックして表示された一覧の中から一番下にある「文書を分割」をクリックします。
文書の分割方法という画面が開きましたらページ数にチェックを入れ、最大ページ数を指定しましょう。

「文書を分割」をクリックする

これらの操作だけでPDFの分割ができます。
結果を見てみると、全180ページあったPDFが18ページごとにページ分割され、保存先であるMacのデスクトップに18ページずつに分割されたPDFファイルがいくつも並んでいることが確認できました。
今回は分割のみを紹介してみました。
分割以外にもたくさんの機能が備わっているWondershareのPDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)ですが、無料体験版でも十分力を発揮してくれるので是非ダウンロードしてみてはいかがでしょうか。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー

では、PDFの印刷をどのようにするのかを見ていきたいと思います。


ホーム > 製品活用ガイド > topic > PDF変換・編集・作成 > PDFの分割はPDFelementにおまかせ!

サイトマップ

Top