iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

PDFのトリミングができるソフトで不要部分が簡単に切り取れる

画像や動画の編集をしていて、トリミングの機能を使ったことがありますか?トリミングは範囲を指定して不要な部分を切り取ることですが、PDFファイルでも同じことができます。通常、PDFファイルは編集不可の読み取り専用として利用されます。しかし、パスワードなどがかけられておらず、編集可能であれば内容のトリミングが可能です。トリミングができれば、PDFとして発行する前のデータに戻って修正して、もう一度PDFを発行するといった面倒な作業をする必要がありません。つまり、時間と手間を大幅に短縮することができるということです。

「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版) 」の特徴を紹介します。

PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)は今までなかったようなPDFファイルの閲覧や編集(パスワードなどプロテクトのかけられていないファイル)、変換といった作業が簡単にできるソフトです。閲覧は拡大・縮小、単一ページ・2ページ表示などがあり、スクロールでページを移動することや、ページ番号を指定して移動することも可能です。編集機能は多彩で、文字列の変更や画像・注釈・リンクの追加、ページの分割・結合、デジタル署名、パスワードの設定などがあります。PDFの変換やOCRにも対応しているので便利です。Mac OS X 10.7以降のすべてのOSでお使いいただけます。こちらは購入前に確認されることをオススメします。気になる価格は1万円以下と低めの設定になっています。いきなり購入するのが不安な人は無料体験版をお試しいただければと思います。このソフトはMac版ですが、Windows版もあります。詳しくは製品ページをご覧ください。

Macで「PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版) 」で簡単にPDFを切り取りする手順

トリミング機能を使ってPDFを切り取る方法を解説していきますが、PDFelement~PDF変換・編集・作成+OCR~(Mac版)のすべての機能を快適に使うための準備が必要です。下記の手順でMacを操作してください。
1、Macに100MB以上の空き容量があるかを確認する。ない場合は空ける
2、製品ページにアクセスする
3、「無料体験」をクリックし、試用版のダウンロードとインストールを完了する
4、ソフトを起動し、購入ボタンをクリックする
5、画面の指示に従って操作をする
6、ソフトのメイン画面から「ヘルプ」を探してクリックする
7、「登録」ボタンをクリックする
8、メールで送られてきた登録コードと購入手続きで使用したメールアドレスを入力して、登録を完了する

これで、一部の機能制限が解除され、ソフトをフル活用することができます。

それでは、macで、pdfの切り取りを行いましょう。
まず、PDFelementのプログラムを立ち上げましょう。トリミングを実行したいPDFファイルを開きます。切り取りたい場所を事前に確認しておくと安心です。次に、ツールペインの中にある「ページ」をクリックして、「ページ操作」の「クロップ」を選びます。ページ切り取りのポップアップウィンドウが表示されます。マウスをドラッグして不要な範囲を指定、または「ソース」の部分に手入力してください。最後に、切り取るページ範囲を決めます。現在のページ、偶数ページ、奇数ページなどから自由に選択できます。すべての設定に問題がなければ、右下の「トリミング」ボタンをクリックします。

pdfの切り取りを行う

以上がpdfのトリミングをmacで行う方法です。

Mac版ダウンロー   win版ダウンロー


サイトマップ

Top