iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

OCR(光学文字認識)機能を利用して、スキャンされたPDF/画像PDF内のテキストや画像を編集

pdf 編集 変換 作成

最近外出先で書類を受け取ってそのままお客さんのところに向かうことが増えてきたのですが、データ処理を行ってくれている若い事務の女性社員の子がすこしおっちょこちょいというか、確認が甘いままの書類を送ってくることが悩みの種になっていました。

会社に戻ってからきちんと注意をするのですが、その場で使う書類なので途中で立ち寄るカフェの片隅で直してしまったりすることもしばしばなのです。

普段持ち歩いているノートパソコンには以前から「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」というソフトを入れてあります。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー
マークしてPCで無料体験する :

だからメールに添付されてきたPDFファイルの書類も編集することができるので多少の間違いは私が直してしまいます。

「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」には名前の通りOCR機能が搭載されているので、元データが無くてもワープロ感覚でテキストを編集することができるのでとても便利です。

本来必要な画像が足りなかった場合や使う画像を間違っているときなど画像の差込やレイアウトの変更も簡単にできるので便利です。

そのソフトをノートパソコンに入れている本来の希望している目的は、取引先との打ち合わせ中に急遽変更になる内容をすぐに書類に反映させるためのつもりだったのですが、こういう使い方もあるんですね(汗)

本当なら自分で全部書類を作ってしまいたいところですが、私と彼女が2人で1組になっての仕事をする体制になっているので多少は任せるより他無いのです。

もちろん打ち合わせ中に変わっていく内容をその場で変更できるのはとても便利で打ち合わせ終了後に最新の状態になっている書類をお互いデータとして持ち帰ることができるのはずいぶん助かります。

すべての編集作業にかかる操作手順が少なく簡単なのでその点でもうれしいソフトだと思っています。

「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」は本来書き込みができないPDFファイルをOCR機能によって編集可能なファイルに変えることができます。

編集可能な状態になればあとはワープロと同じような感覚でテキストを編集することができます。

画像の追加や削除そのほかにはレイアウトの変更も自在にできます。

PDFファイルから他の形式への変換も可能なので、Word・Excel・Power pointなどのファイルに変換することができるので元データが無い状態でもさまざまな形式に対応できるのはうれしい機能です。

必要であればTextやEPUB・HTMLや画像などの形式にも変換可能なのでどのような作業にも対応できてとても便利です。

そしてすべての作業で操作手順が少なくて簡単なのがとても魅力です。

操作手順

pdf 編集 変換 作成

ステップ 1 PDFファイルを読み込みます

・ソフトを起動してPDFファイルを直接ドラッグ&ドロップしてファイルを選択するか、メニュー画面の「ファイルを開く」から変換したいPDFファイルを選択します。

ステップ 2 PDFファイル内の編集を行います

・画像を追加したい場合は「編集」をクリックして「画像を追加」から必要な画像を追加することができます。

・レイアウトの配置換えをしたい場合は動かしたい画像をドラッグ&ドロップで好きな場所に置き換えることができます。

テキストを編集したい場合は「OCR」をクリックして編集可能なテキストに変更してから自由に編集することができます。

操作手順はおもに2つという少なさとアイコンのわかりやすいところが初心者にも簡単に作業することができるのでうれしいところです。

 

win版ダウンロー Mac版ダウンロー
マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > PDF変換・編集・作成 > PDF編集・加工 > OCR機能でスキャンされたPDF/画像PDF内のテキストや画像を編集

サイトマップ

Top