iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

OCR(光学文字認識)機能を利用して、スキャンされたPDF/画像PDFの余白をトリミング/PDFファイルから一部を切り取る

pdf 編集 変換 作成

入社3年目になり少しずつ仕事内容を年間通して理解しながらできるようになってきたのですが、毎年困るのが1年に1度の決算の時の書類整理です。

部署内のPDFファイルのデータ1年分をなるべくコンパクトに整理をするように託されるのです。

過去数年分は保管しておかないといけないようで、いろいろな書類を分類してはPDFファイルをよりわかりやすい状態での保管を頼まれました。

いつのまにかそれが私の担当にでもなったかのようにすんなりデータがまわってくるのですが、1年分の書類って意外と量があって結局丸一ヶ月くらいその処理に追われてしまうのです。

仕入れや売り上げの伝票のPDFファイルとかは相手ごとには分類してあるのでそのファイルの中で必要な部分だけを切り取ったり、余白の部分をトリミングして見た目をコンパクトにして整理をするというような感じの作業の繰り返しです。

昔はそういうものは郵送なりFAXなりの紙の資料で送られてきたようなのでそのころに比べるとずいぶん楽な作業にはなったのだと思うのですが、私はこれでまだ3回目で一人でやるのはこれが初めてなので毎回プレッシャーになります。

まとめておいたところでそんなに過去の書類に目を通すわけではないのですが・・・。

「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」というソフトを使って作業をするのですが、このソフトは操作手順が少ないくて初心者でもわかりやすいので使いはじめから手際よく作業ができてとても便利です。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー
マークしてPCで無料体験する :

パソコンでの作業が苦手な私にも使えるというのがうれしいところです。

便利なソフトが簡単でわかりやすく使えというのはとてもうれしいことですね。
同じ性能でも使い方が難しいとかややこしいとなると私には手に負えないので困ってしまうところでした。

なんとかひとりで1年分の書類をまとめきることができてホッとひと安心できました。

「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」はPDFファイルからファイルの一部を切り取ったり、余白の部分や要らない部分をトリミングできるのでとても便利です。

もちろん切り取ったファイルを結合して複数個のファイルの内容を一個のファイルにまとめたり、PDFファイルをトリミングしてそれをまた結合したりすることもできるので資料の整理にはもってこいの機能がたくさん搭載されています。

そしてPDFファイルをさまざまなファイル形式に変換することができるので、古い元データをすべて保管しておく必要がなくなるので便利です。

なによりすべての操作手順が少なくて操作方法がわかりやすいのは初心者でも簡単にファイルの整理ができるところがいいところです。

操作手順

pdf 編集 変換 作成

ステップ 1 PDFファイルを読み込みます

・ソフトを起動してPDFファイルを直接ドラッグ&ドロップしてファイルを選択するか、メニュー画面の「ファイルを開く」から変換したいPDFファイルを選択します。

ステップ 2 PDFファイルをトリミングするor一部を切り取る


・メニューバーの中央の辺りにある「切り取る」をクリックします。

・切り取りたい部分やトリミングで残したい部分を四角の領域の中に入れます。

・範囲内でダブルクリックすると「切り取り設定」画面がでてくるので、左側の数字を調節することで余白などは微調整することができて便利です。(このとき右側のプレビュー画面で確認しながらできるので調整しやすいです。

・範囲の指定が終わったら右下にある切り取りをクリックしたら作業は終了です。

このように単純な操作でPDFファイルをすっきりまとめるとができるので保存する目的によって見やすくファイルを小さくする事ができるのは便利です。

 

win版ダウンロー Mac版ダウンロー
マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > PDF変換・編集・作成 > PDF編集・加工 > OCR機能でスキャンされたPDF/画像PDFの余白をトリミング/PDFファイルか

サイトマップ

Top