iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

Windows PCのためのベストのOCRソフト

最近は電子書籍が随分普及してきているように思います。日本でも様々な電子書籍リーダーが発売されています。私はiPadで、本箱からあふれている本を自分で電子化しようと思っています。思いいれのある本を裁断するのは心が痛みますが、電子データ化して持ち出せるようにしたり、省スペースで少しでも沢山の本に囲まれていたいと思っています。

まずは手始めに文庫から試してみます。裁断機とスキャナーは会社にあるものを使って、PDFファイルまでは力仕事で作ることができました。続いてiPadで読むために転送してみたのですが、PDFファイルはそのままだと、表示を拡大したときに行間まで空いてしまい、とても読みづらいものになってしまいました。ここはEPUBといわれる電子書籍専門のフォーマットに変換すれば、拡大しても行間などレイアウトを自動で調整する表示になるので、そこまでやってみることにしました。

そのためにはPDFファイルをOCR(文字認識処理)ソフトで読み取って文字情報にしたうえで、EPUBフォーマットにする必要があります。そこで、ネットを中心にWindows PCのためのベストのOCRソフトを探しました。相当充実しているWondershareという会社のスーパーPDF変換・編集・作成(Win版)というソフト発見しました。このソフトを購入しても数千円という手軽さです。

windows版ダウンロードMac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

早速、ダウンロード版製品を購入して、セットアップしました。インストールはウィザードがしっかりしていて、プラグインのインストールまで、全く迷うことはありませんでした。

ステップ1:PDFファイルを開く

実際のOCRの利用は「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」を起動して、読み込みたいPDFを指定します。するとウインドウにすでに文字情報のPDFとして読み込まれます。

PDFファイル開く

ステップ2:PDFファイルを編集する

文庫程度では全く修正の必要はありませんが、修正をする場合は、文字や注釈など様々な項目についてWordのような操作性で行うことができます。

PDF注釈

ステップ3:PDFファイルを変換・保存

最終的に[変換]→[他の形式に]にて[EPUB]へ、を指示して出力先を指定して実行すればOKです。

PDFファイルの変換

価格といい、操作性のよさ、OCRの変換効率のよさ、総合的に考えてWindowsPCのためのベストのOCRソフトではないか、と私は思います。

さらにこのスーパーPDF変換・編集・作成(Win版)には、PDFファイルの編集機能があるため、EPUB形式にする前にPDFファイルの結合や、しおりの挿入などもお手のものです。相当充実したマイ電子書籍が作成できそうで楽しみです。

windows版ダウンロードMac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :


 

 

この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました

製品に関するご意見・ご質問・ご要望はお気軽に こちらまでお問い合わせください。>>

西堀 優也
作成したPDFファイルは、このソフトOCR機能により、文字検索可能なPDFファイルへの変換ができました。いいソフトです。

サイトマップ

Top