iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

PDFフォーム作成:入力可能なPDFフォームを簡単に作成する方法

入力可能なPDFフォームを簡単に作成するソフト

Excelファイルを元にしたPDFファイルを客先から受け取ることが最近増えてきた。

相手のプラットフォーム、PCのOSが違ってもiOSやAndroidなどスマートフォンでも、たいていの環境でPDFは読めるので重宝だな、と思っていた。そんななか、受け取ったPDFファイルをチームで検討して、最終的にExcelファイルへ変換し、数値などの変更を行い、他の情報とマージする必要がある案件が出てきた。

Excel上での作業効率をあげるためには、入力可能なPDFフォームを作成することになる。PDFとExcelの間で、表(テーブル)が崩れず、数値情報を維持したまま変換できないと、直接Excelにデータを渡す意味がない。

まず、Excelのファイル形式、XLSXにPDFファイルを変換するPDF編集ソフトが必要になる。

PDF編集ソフト選定の条件は、XLSX形式に変換が可能なことと、変換の際に表が崩れず、入力可能なPDFフォームを簡単に作成できること、チーム員の誰もが扱える操作性が必須となる。また、サポートセンターがあるところが望ましい。PDFファイル編集ソフトの筆頭はAdobeのAcrobatだ。これは間違いない。だがうちのチームにとって過剰な機能が搭載されていて、割高感が否めない。

フリーウェアもいくつか探したものの、変換時間や変換効率が気になった。やはり操作性はシェアウェアに劣るし、サポートが全くないことも問題である。オフィシャルに使用するものなので、今回はシェアウェアの検討を始めた。ネット上のレビューなどを参考に、Wondershareという会社の「スーパーPDF変換・編集・作成」というソフトを選んだ。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :

トライアル版がすぐにダウンロードでき、操作してみた上で納得して購入した。そして、実際、全くマニュアルを見ることなく、入力可能なPDFフォームを簡単に作成することができた。

XLSXファイルにするためには、ソフトの起動後に、オプションを設定しておく。

PDFファイル開く

ファイル→オプション内[各ページをExcelの単一のワークシートに保存]の項目で、[フォーマットなしに保存]か[フォーム形式をそのままに保存]を選択する。これだけの操作で入力可能なPDFフォームを簡単に作成できた。

PDFフォームを作成

実際に複数のデータでテストをしてみたが、表(テーブル)が大きく崩れることはなく、数値を数値情報として引き渡せていることが確認できた。簡単な編集で十分使用することができる。

ソフトの価格と変換効率の良さ、実際に入力可能なPDFフォームを簡単に作成できる操作性、すべての面において、今回のPDF編集ソフトスーパーPDF変換・編集・作成の選定には満足している。

win版ダウンロー Mac版ダウンロー

マークしてPCで無料体験する :

 

ホーム > 製品活用ガイド > PDF変換・編集・作成 > PDF編集・加工 > 入力可能なPDFフォームを簡単に作成する方法

サイトマップ

Top