iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPadにPDFファイルを転送する方法

iPadでPDF文書を読むにはどうすればいいでしょうか?

最近購入したばかりのiPad。せっかくなのでプライベートでネットを見たり、電子書籍で小説を読んだりするだけでなく、仕事にも活用したい。仕事で取引先の製品仕様書などのPDFを読む機会が頻繁にあるので、まずはPDFファイルを読める環境を作ることにした。

iPadにPDFファイルを転送する方法は、PCとiPadをUSBケーブルでつないで、iTunesを使ってiPadへ転送する方法や、クラウドといわれるネットワークドライブにPCからアップロードしてそこにiPadからアクセスする方法などがある。

iPadへ転送したPDFファイルは、インターネットにつながる環境であれば、Safariなどのブラウザで読み込めるが、そうでなければフリーやシェアのPDFビューワーを使って見ることになる。ただビューワーも一長一短で、日本語がずれて表示されたり、リンクがうまく動かなかったりする。そもそも目指している機能がソフト毎に結構違っているので、例えば、電子書籍としてPDFを読むときと、今回の目的であるビジネス文書のPDFを読む場合とは、同じPDFファイルを閲覧するのでも、ソフトを使い分ける必要があるように感じた。

PDFファイルの用途別にビューワーを使い分けるよりは、PDFファイルからepubという、欧米で電子書籍の標準規格となっているファイル形式に変換した上でiPadで読む、という方法を試してみようと思った。勿論、iPadが対応している形式だ。

ソフトをいろいろと探したけれど、単なるPDFファイルの変換ソフトではなく、あらゆるPDFファイル編集を行える、Wondershare「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」というソフトのダウンロード版を購入して、早速変換してみた。

windows版ダウンロードMac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

iPadにPDFファイルを転送する方法

操作はとても簡単。

   ステップ1.PDFファイルを追加

「スーパーPDF変換・編集・作成(Win版)」を起動したらウインドウ上に、epubファイルに変換したい、P+DFファイルをドラッグ&ドロップで開く。

PDFファイル開く

   ステップ2.EPUBの出力形式を設定

ファイル→オプション内EPUBへの変換を設定できます。

PDFからEPUBへ変換

   ステップ3:PDFをEPUBへ変換開始

変換というタブから「他の形式に」を選択して「EPUBへ」。あとは保存場所と名前を指定して「保存」。変換時間も短く、図表の入っているPDFもほぼ元のイメージ通りに変換できた。

こんなに簡単にepubへ変換できるなら、iPadにPDFファイルを転送して使い勝手がよくないソフトで読む必要はないと思った。後はiTunesでiPadへ転送するか、クラウドに置いておいて必要な時に読むだけ。

PDFファイルの変換

epubは日本語での使用にも耐えるようになってきており、これからは例えばメールマガジンなどが、この形式で配信されるようになるくらい、普及する可能性があるといわれている。

この形式でiPadへ転送しておけば、先々まで使用できるファイルとなるであろう。

windows版ダウンロードMac版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

サイトマップ

Top