iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

PDF分野のOCR(光学文字認識)の基本紹介(定義や用途など)

無料だけどPDFの編集が可能☆ベスト10をご紹介!

Wondershare スーパーPDF変換・編集・作成+OCR - PDFファイルを簡単に編集!スキャンPDFにも対応!

PDFファイルを簡単に変換・編集・作成・圧縮・分割・結合・書き込みしたいなら「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」にお任せ!

① Word形式(.doc/.docx)、Excel形式(.xls)、PowePoint形式(.ppt)、画像形式やテキスト形式など、多様な形式への変換に対応。
② 編集可能なテキストブロックで、テキストを簡単にPDF内で挿入・修正。
③ 複数のPDFファイルを一つに結合または一つのPDFファイルを複数のファイルに分割。
④PDF OCR機能を利用することで、スキャンされたPDFファイルの編集が可能。
pdf 編集 変換 作成

PDFにおけるOCRは文書やグラフィック、添付ファイルなどを単一ファイルにまとめて圧縮したものを再び加工可能にする機能を果たすためにソフトやハードの開発がされていてコンピューターでのデータの管理を簡単にする手助けをしてくれる大切なツールになっています。

画像として取り込んだ文字をコンピューターが編集・検索できる(文字コードのに列)に変換する。 それによってよって「画像であった文字」を本来の文字として認識して文書に変えるというプロセスの機能です。

このソフトを使うことによってコンピューターでの作業効率が格段にあがるようになりました。

OCRはPDFのテキストや画像などの書かれている文字の上に透明なテキストを埋め込むという技術を使うことにより不可能を可能にできたのです。

OCRによって埋め込まれた透明のテキストを検索や編集するという手法でパソコンでの文字の検索が可能になったり編集ができるようになるというわけです。

もちろん埋め込まれるテキストは透明なので私たちがPDFファイルや画像を見るにあたってはなんの変化もありません。

コンピューターで通常では認識できないPDFファイル内の文字や写真の文字を認識できるようにする事でパソコンに認識させ検索対象にすることができるようになったことはデータの管理や処理にかかるスピードやコストを抑えるのにとても便利な機能になりました。

他には例えば膨大にある資料庫の本をPDFファイルで管理していたときの弱点は文字検索がそのままではできなかったことです。

それがそのまま印を付けて検索できるようになったことで、誰もが使いやすくなるのです。

以前であればデータの打ち込みに時間がかかる書類であってもソフトウェアごとに必要に応じて作成しなおさなければなりませんでした。

それがPDFのOCR機能を使うことによって文章や表、画像などもPDFのOCR機能を使うことによってさまざまな形式に変換することができるようになりました。

手書きや印刷された文字の編集や検索も可能なドキュメントに変換できるので、紙での資料作成からパソコンでの資料作成への移行も楽になります。

手書きで作った資料をパソコンに取り込み共有してそこから各々修正や加筆をしていけばそれぞれが入力する手間を省く結果になります。

そのほかにも、例えば会議などで使用する資料もまとめてPDFで管理すれば資料整理も楽になるうえに紙やインクなどを消費する量をすることが少なくすむのでエコにも一役かってくれそうです。

資料整理が楽になると仕事の作業の時間効率があがるのでとても有効な活用法です。

会議の前日に資料を作成するために2人で一日コピーや製本作業といったこともすっかりなくなるわけです。

ペーパーレスで見やすくわかりやすい資料を作ることがソフトを使えば誰にでもできるようになったので今後の作業の軽量化に期待できますね。


win版ダウンロー Mac版ダウンロー
マークしてPCで無料体験する :
ホーム > 製品活用ガイド > PDF変換・編集・作成 > スキャンPDF変換(OCRソフト) > PDF分野のOCR(光学文字認識)の基本紹介

サイトマップ

Top