iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

PDFの作成・閲覧・編集・圧縮などなど・・・それぞれの得意分野を持つフリーソフトと、全ての機能を兼ね備えたソフトの比較☆

PDFを作成・編集するにあたり、各機能別にフリーソフトをご紹介します。

pdf-soft

①CubePDF Utility <PDF編集ソフト>

こちらのソフトはPDFのページ編集が可能。複数のPDFファイルを1つのPDFファイルに結合したり、PDFファイルをページごとに分割する事が出来ます。また、プロパティ情報の編集機能で、タイトル・作成者・サブタイトル・キーワードを編集できるほか、PDFのバージョンやPDFを作成したソフトの情報の編集が可能となっています。更にセキュリティ設定にも優れている点が特長です。

pdf-soft

② PDF-XChange Viewer <PDF変換ソフト>

こちらのソフトはタブ切り替え型で軽快に動作するフリーのPDFビューワー。それだけではなく、PDF文書内の選択ページや文書全体を画像として変換する機能も備えています。対応する画像形式は、BMP/JPEG/GIF/PNG/TIFFなど。

pdf-soft

③ pdf_as <PDF結合ソフト>

こちらのソフトはPDFファイルの結合、ページの分割・抽出・削除といった基本的な加工機能に加え、ヘッダー・フッターの設定やしおりを追加できる大変便利なPDF加工ソフトです。

pdf-soft

④ Cube PDF <PDF作成ソフト>

こちらのソフトは仮想プリンターとして動作するPDF作成ソフト。印刷機能を備えたソフトから仮想プリンターとして呼び出してPDFファイルを作成する事が出来ます。また、PDF作成時に、既存のPDFファイルへ追記する機能も兼ね備えています。

pdf-soft

⑤ Adobe Acrobat Reader DC <PDF閲覧ソフト>

こちらのソフトはPDFファイルビューワー。テキストと静止画像ベースの一般的なPDFファイルだけではなく、FlashムービーやMP3/WMF形式などのマルチメディアファイルが埋め込まれたPDFファイルのほか、スライドショー、電子カード、さらに電子書籍“eBook”の表示にも対応しています。

pdf-soft

そこで、株式会社ワンダーシェアーソフトウェアの「スーパーPDF変換・編集・作成+OCR」という製品をご紹介します。

このソフトはPDFの閲覧(開く)・作成の他、PDFの編集、分割、結合や圧縮、他のドキュメントへの変換機能、更にはPDFデジタル署名や光学文字認識「OCR」(Optical Character Recognitionの略記)の機能まで備えている業務向けの大変便利な製品です。 この製品はフリーソフトではありませんが、価格はWindows版では税込4,980円とお求めやすい値段となっています。
また、Windows 10/8.1//8/7/XP/Vistaと幅広いOSに対応している点も嬉しいですね。
更に、Windows版だけでなくMackintosh版の製品も取り揃えており、こちらも勿論PDFの閲覧(開く)・作成の他、PDFの編集、分割、結合や圧縮、他のドキュメントへの変換機能、更にはPDFデジタル署名や光学文字認識「OCR」(Optical Character Recognitionの略記)の機能を備えています。
Mackintosh版の価格は税込6,980円となっており、対応 OSもX 10.7, 10.8, 10.9, 10.10, 10.11(OS X El Capitan)と幅広いものとなっています。

win版ダウンローMac版ダウンロー

サイトマップ

Top