iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

PDFをPagesに変換する方法

MacでPDFをPagesに変換する

今PDFをPagesに変換するという方法が凄く人気を出しています。それはPDFをPagesに変換する事により、PDFの可能性が無限大に広がるからです。PagesにするためにPDFから変換する事により、PDFのままでは不可能だった編集機能が使えるようになるのです。つまり、自由自在に編集する事が出来ます。

PDFを実際にMacで編集しようとすると、専用のソフトが必要になります。『PDF to Pages (Mac版)』は珍しいMac専用のPDF変換ソフトになります。macで変換したPagesで縦書きにして編集することも出来ます。

Mac版ダウンロード   windows版ダウンロード

マークしてPCで無料体験する :

まるでwordで編集しているように編集できるので、Pagesに変換するというのは凄く人気を呼んでいます。 しかし、PagesをPDFに変換するのは凄く難しそうと諦めている人がいるんです。凄くもったいないです。


PDFは様々なプラネットフォームで開けるのです、編集も自在に出来るようにする事により万能ツールへと変身するからです。 編集も出来るようにする事により得られるものはこの様に沢山あるのです。 そこで、難しい操作無しで、PagesをPDFに変換できるソフトを紹介したいと思います。 

それは『PDF to Pages (Mac版)』です。 このソフトがあると、高画質で且つ、ドラッグ&ドロップして変換開始のボタンを押すだけなんです。 これほど操作が簡単ソフトは見たことが無いのです。

高画質なので、処理が早くても、元の品質は保ったまま、変換作業が出来るので、何も問題なくなります。

操作は直感的なドラッグ&ドロップで出来るので、何も難しい知識は要らなくなります。マウスだけの操作でほとんど入力作業も無いのです。

PDFからPagesへ便利なソフト

初心者でも何も覚える事無く、何も考える事無く作業を進めることが出来るのです。まさに、このソフトがユーザの立場に立って考えて作られているという事がわかる仕様になっています。

今まで諦めていた方や今から始める方には是非ともお勧めしたいソフトになります。PDFは便利なソフトなので、このソフトを使用して、さらに便利さに磨きをかける事が出来ます。作業も便利になり、楽しくなるので、ストレスもためる事無く、作業をする事が出来ます。

Mac版ダウンロード   windows版ダウンロード


サイトマップ

Top