iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

披露宴の出席人数の確認、席次の決定、招待状の準備と渡し方のポイント

結婚式の披露宴の出席人数の確認、席次の決定、招待状の準備と渡し方のポイントについて

披露宴の出席人数の確認

結婚式で1番頭を悩ますのが、結婚式で誰を呼ぶのかと言うことであり、会場の広さを考慮に入れながら招待客を調整しないといけないことになります。人数の比率も新郎新婦の両家に偏りがないように配慮する必要があり、バランス良く選ぶことが最も重要なポイントになります。必ず来て欲しい人には、必ず来てもらうように調整するようにしましょう。

招待状の作成について

招待状は自分で作る場合と、業者に頼む場合に分かれますが、自分で作った招待状は愛情がこもっていますので非常に好意的に受け止められることになります。 招待状のデザインのテンプレートなどはインターネットからダウンロードすることが出来ますので、ぜひ有効活用してもらいたいと思います。 業者に作ってもらう場合には、非常にハイレベルな招待状を作ることが出来ますので、新郎新婦で話し合い、手作りするか、業者に頼むのかを慎重に選ぶことが大切になります。 結婚式の招待状には、本状の文面、差出人名義、付箋の3つの部分に分かれていますので、それぞれのルールをきちんと守りながら書くことが重要になります。 会場や専門の業者に依頼する場合には、サンプルがありますので、サンプルの中から自分が最も良いと思われる招待状を選択することが可能になります。 くだけすぎず、格調が高くなりすぎない程度でうまく招待状を作ることがベストであります。 本状の文面はいつ、どこで、だれが、どんな結婚式をするか、ということを分かりやすく伝える事がポイントで、発送年月日と、返信期限も忘れないように書いておかなければいけません。 差出人名義では、ゲストに目上の人が多くなることから、失礼のないようにしないといけません。

招待状の渡し方のポイント

招待状を送るときには、誤字脱字がないか?差出人に氏名は記載されているか?受取人の氏名、住所が記載されているか?切手を貼っているか?会場案内図は同封しているか?などチェックポイントがたくさんありますので、ミス無く相手に失礼がないような形で送付することが大切なポイントになります。   結婚式は一生のイベントになりますので、きちんとマナーを守り、恥ずかしくないような形で、招待状を送り、結婚式を成功させるために準備をすることが非常に重要になってきます。 もしこの段階でミスがあれば、これから新しい家庭を作っていく夫婦として落ち度があるとみなされる事になりますので、細心の注意が必要になります。 多くの招待客に見守られながら、結婚式を成功に導くことが重要になります。 

ヘアスタイル

ホーム > 製品活用ガイド > ムービー・スライドショー作成 > Wedding特集 > 披露宴の出席人数の確認、席次の決定、招待状の準備

サイトマップ

Top