iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

結婚式の予算を検討

結婚式の予算

結婚式に掛かる費用はどれくらいですか?結婚式の費用を貯める方法は何ですか?

■結婚式に掛かる費用はどれくらい?

結婚が決まったら、式の費用を考えなくてはいけません。 結婚式にかける費用は、地域によっても差があります。 東海地方や首都圏は高めですが、平均すると300万円から400万円が一般的です。 これは招待客70人から80人ぐらいの相場なので、人数が増えれば費用も高くなると目安にして考えるといいでしょう。

  • 挙式と披露宴を行う場合の費用の内訳は、主に以下のようになっています。
    挙式費用
    招待客への料理、飲み物
    新郎新婦の衣装代
    引き出物
    ブーケ、会場に飾る花
    写真撮影、ビデオ撮影
    演出料
    司会の依頼料など・・

招待客へ料理や引き出物代ももちろん費用が掛かるのですが、ここは省略できるものではありません。 この中で特にお金が掛かってしまうのが、衣装代や花代、撮影費用です。 もし費用を少しでも抑えたいと思うなら、お色直しの回数を減らしたり、撮影はプロではなく親族に頼むという方法もあります。 さらに親戚や友人を遠方から呼ぶ場合、交通費や宿泊費を負担しなくてはいけませんし、受付の人へのお礼や車代なども必要です。 最初に考えていた費用よりも大幅にオーバーしてしまったなんてことが無いように、しっかりと計算しておきましょう。

予算


■結婚式費用の貯め方

結婚式の費用の300万円は大金ですから、用意するのも大変です。 ただし、300万円すべてを結婚する二人が負担するのではなく、両親の援助やご祝儀もあります。 最終的には負担した金額が100万円だったなんてことも多いですね。 しかし、結婚式の費用は式の1週間から1ケ月前に納めなくてはいけないので、一旦は全額用意しなくてはなりません。 ですから「結婚式の費用-両親の援助金」で計算された金額を、貯めなくてはいけないでしょう。


結婚式の費用を貯めるには、以下のような方法があります。
・別々の貯金専用口座を作りそれぞれで貯めていく
・共通の貯金専用口座を作り貯めていく

別々の貯金口座の場合は誰がどれだけ貯めたのか明確なのはいいのですが、本当に貯めているのか分りづらいことがあります。 一緒の貯金口座もいいのですが、トラブルにならないように最初にルールをしっかりと決めておきましょう。
*毎月いくらずつ貯めるか
*通帳と印鑑の管理は誰がするか

せめてこの2点についてはちゃんと約束をし、定期的に記帳をして報告し合うといいでしょう。


一番いいのはキャッシュカードを作らず、印鑑は彼、通帳を彼女というように管理する人を分ける方法です。 片方は通帳を使って入金すればいいですし、もう片方はATMからの振込で入金ができるでしょう。 このようにすれば共通の口座でも簡単に片方が勝手にお金を下ろすことが無いので、結婚式費用を貯めるのに役立ちます。

 

サイトマップ

Top